忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

貴金属地金の相場。貴金属地金の相場が日本経済新聞に掲載されています。貴金属地金の価格が掲載されている貴金属は、金、プラチナ、パラジウム、銀などです。貴金属1グラムでの価格が掲載されています。銀は1キロ当たりですが。
次は、金歯や銀歯。金歯や銀歯をした人が昔はよくいました。貴金属の金や銀は宝飾品だけでなく、歯の治療にも昔から使われていますね。金や銀はとても身近な貴金属です。金歯や金歯はスゴク目立つので、あまり使いたいと思えないのですが。
それから、銅は貴金属か。銅を貴金属に含める場合と、貴金属に含めない場合があるようです。銅は何となく貴金属としては扱えないような気もしますが、例えば、メダルでは金、銀、銅と3番手の扱いなのでその価値は昔から認められてはいるようですね。

さらに、地金型金貨のウィーン金貨ハーモニー。ウィーン金貨ハーモニーは、オーストリア造幣局が発行する地金型金貨です。ウィーン金貨ハーモニーは24金です。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団をモチーフにしたデザインです。
最後に、収集型金貨。収集型金貨は、主に収集を目的に購入される金貨です。記念硬貨としての金貨などで、地金型金貨とは異なり、金貨のデザインや希少性、人気といった要素で取引の価格が決まります。ところで投資、収集、貴金属にもいろんな視点の金貨のはなしが見つかるかも。切り口が違うとまた新鮮に感じることもあります。
PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]