忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

貴金属の金。金は昔からその価値が知られた貴金属の王様みたいな存在です。金のもつ黄金色の輝きが人々を魅了し、金の希少性がその価値を安定的なものにしているんだと思います。しかも、金は物質としても非常に安定した性質を持っていて、輝きを長く保つことができます。
次は、お金と貴金属。お金には昔からよく貴金属が使われています。例えば、金貨や小判、大判は金でしょうし、銀化などもあります。銅貨や銅銭という言葉もよく聞きます。世界的に昔から金、銀、銅は貨幣としてよく使われているようですね。
それから、地金型金貨のウィーン金貨ハーモニー。ウィーン金貨ハーモニーは、オーストリア造幣局が発行する地金型金貨です。ウィーン金貨ハーモニーは24金です。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団をモチーフにしたデザインです。
さらに、地金型金貨いろいろ。地金型金貨には、カナダのメイプルリーフ金貨や、オーストリアのウィーン金貨ハーモニー、アメリカのイーグル金貨、中国のパンダ金貨、オーストラリアのカンガルー金貨などがあるようです。
最後に、金価格上昇で金貨需要低迷。ウィーン金貨ハーモニーを発行するオーストリア造幣局の理事の話が新聞記事に載っていました。近年の金価格上昇の影響で、金貨の需要が世界的に低迷しているとこのこと。2006年のウィーン金貨の世界での新規販売量は前年比で10%減ったようです。金価格が上昇すると、金貨の販売は減るんですね。
PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]