忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金合金と貴金属。貴金属の中で金合金はいろいろありますね。金と外の金属で作られる金合金には、ホワイトゴールドやピンクゴールド、イエローゴールドなどがあります。金と外の金属との混ぜる割合によって、その色合いが違ってくるようです。
次は、銅は貴金属か。銅を貴金属に含める場合と、貴金属に含めない場合があるようです。銅は何となく貴金属としては扱えないような気もしますが、例えば、メダルでは金、銀、銅と3番手の扱いなのでその価値は昔から認められてはいるようですね。
それから、イリジウム(貴金属)の用途。貴金属の一つであるイリジウムは、素材としても利用され、高級万年筆のペン先の材料や、自動車の点火プラグの電極などとして使われています。また、質量の基準である「国際キログラム原器」は白金90%、イリジウム10%の合金でできているようです。

さらに、地金型金貨。地金型金貨は投資用の金貨です。小額の上乗せ金がプレミアムとして、金価格に上乗せされた価格で売買されます。カナダのメイプルリーフ金貨や、オーストリアのウィーン金貨ハーモニーなどがあります。
最後に、プラチナの価格上昇。プラチナは偏在する貴金属のため、プラチナの産出国の状況に応じて価格が変動します。プラチナの産出国である南アフリカ鉱山で事故が発生し、これにからんだ供給懸念でプラチナの国際価格が上昇しているようです。プラチナは貴重な貴金属ゆえに価格変動がシビアですね。投資と趣味のお気楽なはなしにも何かヒントが見つかるかもしれないです。いろんな視点で見ることも大事なことです。
PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]