忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金の品位。金の純度は24分率で示されます。日本では24金とか18金とか呼びますし、24カラットとかとも呼ばれるようです。他の貴金属は1000分率で表示されることが多いのに変わってますね。
次は、地金型金貨のウィーン金貨ハーモニー。ウィーン金貨ハーモニーは、オーストリア造幣局が発行する地金型金貨です。ウィーン金貨ハーモニーは24金です。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団をモチーフにしたデザインです。
それから、地金型金貨。地金型金貨は投資用の金貨です。小額の上乗せ金がプレミアムとして、金価格に上乗せされた価格で売買されます。カナダのメイプルリーフ金貨や、オーストリアのウィーン金貨ハーモニーなどがあります。
さらに、ソブリン金貨。ソブリン金貨とは、イギリスが貨幣として発行していた金貨のことだそうです。1974年以降は地金型金貨として発行されているようです。(参考:「ウィキペディア(Wikipedia)」)地金型金貨にもいろいろあるようですね。地金型金貨は収集用ではないのでしょうが、それでも種類があると集めたくなりそうですね。
最後に、プラチナ国際価格急落(2007/6/26)。プラチナの国際価格が急落したようです。プラチナのニューヨークの先ものが1.8%下げたようです。プラチナは約1ヶ月ぶりの安値のようです。プラチナの産出国である南アフリカ共和国の鉱山の状況を材料とした買いが一巡して、ファンドの手じまい売りが膨らんだことがプラチナの安値の原因のようでが、プラチナの需要はまだ底堅いようです。プラチナは魅力的ですし、工業用にも使われますからね。
PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]