忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

貴金属の会社、ジョンソン・マッセイ社。ジョンソン・マッセイ社は、イギリスの貴金属精錬大手です。ジョンソン・マッセイ社が発表している、プラチナの需給統計の年鑑は、田中貴金属工業で日本語版を制作して公表していますが、プラチナなど詳細を知る上でとても貴重な情報が掲載された資料です。
次は、金価格上昇で金貨需要低迷。ウィーン金貨ハーモニーを発行するオーストリア造幣局の理事の話が新聞記事に載っていました。近年の金価格上昇の影響で、金貨の需要が世界的に低迷しているとこのこと。2006年のウィーン金貨の世界での新規販売量は前年比で10%減ったようです。金価格が上昇すると、金貨の販売は減るんですね。
それから、プラチナ国際価格急落(2007年6月下旬)。プラチナの国際価格が急落したようです。プラチナのニューヨークの先ものが1.8%下げたようです。プラチナは約1ヶ月ぶりの安値のようです。プラチナの産出国である南アフリカ共和国の鉱山の状況を材料とした買いが一巡して、ファンドの手じまい売りが膨らんだことがプラチナの安値の原因のようでが、プラチナの需要はまだ底堅いようです。・・赤ちゃんの離乳食、そろそろ離乳食、離乳食のこと
さらに、金の投資方法。金の投資方法にはいろいろあります。現物に区分される「地金売買」や「地金型金貨」、「純金積立」などと、現物ではない、「金ETF」や「金鉱株ファンド」、「金先物ミニ取引」などがあります。リスクや投資する金額に応じて、適切な方法を選ぶことになりますが、金の投資にもいろいろありますね。
最後に、貴金属価格の上昇基調。2007年9月、貴金属の国際価格が上昇基調です。米国のサブプライム問題を発端にした世界的な株安による影響は消えたようで、米国の利下げ観測からくるドルの先安観から貴金属への代替投資が膨らんでいるためのようです。貴金属では金が急騰し、プラチナも高値となりました。[PR Link]貴金属投資
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]