忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔商品先物会社選び〕

商品先物取引を始めるために大事なのが会社選び。

どんな会社でもいいというわけではないです。

特に重視したいのは、その会社のシステムの安定性。

売買の集中などでシステムが不安定になりがちの会社では、大事なタイミングを逃しかねません。

また経営的に安定性の会社を選ぶことも大事です。






〔株価上昇の時の心理〕

株価上昇時にはいろいろな投資家の思惑が交錯し、投資家の心理が株価に反映されることもあります。

たとえば、長く動きがなかった株価が上昇に転じた場合、多くの投資家は、まずは静観するでしょう。

たまたまかもしれないですし、あるいは仕手によるものかもしれないですしね。

でも、上昇が継続したり、上昇に対する反発の下落が小さいことを確認すると一気に関心は高まっていきます。

ファンダメンタル重視で慎重に見守っていた投資家も、上り基調が続けば無視できなくなります。

こうして継続した上り基調が人気をあつめ、さらに株価上昇に貢献するという連鎖が始まることもあります。






〔外貨預金と通貨の種類〕

外貨預金で通貨を選ぶ時に知っておきたい事があります。

それはその通貨の流通量です。

流通量が多いメジャーな通貨は、通貨に対する情報も多く、レートの動向も把握しやすいでしょう。

一方で流通量の少ない通貨、ちょっとした出来事でレートが大きく変化する不安定さも心配です。

また手数料が高いことも多いです。

流通量を基準に通貨を見ることも大事です。






〔CFD取引とオーバーナイト金利〕

CFD取引のオーバーナイト金利とは、当日せず翌日以降に持ち越した場合にかかるもので、単に「金利」とも呼びます。

オーバーナイト金利は買いボジションで支払って、売りボジションで貰うかたちですが、売りポジションでも必ずもらえるわけではなく、支払う場合もあります。

買いボジションなら「Libid(ロンドン銀行間ビッドレート)+CFD会社の独自設定の金利」が多いです。

売りボジションの場合はCFD会社の独自設定の金利です。





〔土地の価格〕

土地の価格はちょっと特殊な側面があります。

それは、一物多価と呼ばれることにあらわれてます。

つまり、土地の価格には、時価(実勢価格)、公示価格、基準値標準価格、相続税評価額、固定資産税評価額、国土法価格などの価格があります。

なんだかややこしいですね。



なかなか気になる話題と情報です:そろそろ愛車の買換え時という場合。松戸市で愛車売るなら買取店選びが大事。でも意外と簡単。中古車買取りも競争の時代だから、簡単に査定比較できる仕組みが便利。
PR
〔商品先物取引の危険性〕

投資にはリスクはつきものです。

預金や貯金があてにならないということで、投資を始める人が多いですが、注意したいところ。

投資の中でもレバレッジが効いた投資はさらに高いリスクが伴います。

商品先物取引もリスクの大きい投資の一つ。

チャレンジするのはいいですが、リスクの把握と、失敗しても致命的にならない範囲で始める事が大事ですね。





〔株の流動性〕

株には流動性という概念があります。

カンタンにいうと、売りやすさや買いやすさのことを差します。

どういうことかというと、通常株取引では購入したい株を購入しますが、中には購入したくても、購入できない株があります。

つまり株を持ってる人が売ってくれない場合です。

株の発行数が大きいと、市場価格で売買はリアルタイムにできる事がおおいです。

でも、発効数の少ない株では、買いたいけど買えない。

逆に、売りたいけど買い手がいないということがあります。

これ、流動性が低い株です。

流動性は発効数だけでは分からないことも。

発効数は多くても浮動株が少ない場合もこのような事が起こります。

株の銘柄選び、流動性のことも注意したいです。

売りたいときに売れないって、リスクですね。







〔外貨預金の選択〕

資産運用には選択肢がたくさんあります。

おそらくプロでもない限り全てを把握するのはムリなほどたくさんです。

外貨預金を選ぶ人は、投資信託とどちらにするか迷ったかもしれないですね。

定期預金や国債では物足りないといった感覚でしょう。

投資にはもっとリスキーなものもあります。

ただ、プロとは違いますので無理しないのが一番ですね。







〔CFD取引と配当金〕

通常株式を持っていると、配当金や株主優待などが受けられたりします。

でもCFD取引では現物を取引しないため、配当金は受け取りできません。

ところが、配当金調整額というものがあります。

例えば、権利確定日に買いボジションなら調整額を受け取る一方で、売りボジションなら調整額を払わなければなりません。

独自のルールがあるCFD取引ですのでまずはしっかり理解することがポイントです。





〔地域地区いろいろ〕

特定容積率制限地区や、高層住居誘導地区、高度地区、高度利用区などもあります。

さらに、市街地における火災の危険を防止する目的で定められる防火地域・準防火地域とうものも。

まだまだ、風致地区、景観地区、伝統的建造物群保存地区、美観地区など多くの種類の地区が存在します。



近頃気になるほっとな話題です:契約どおりに返済していた多くの人が、過払い金をもらって借金を解決してます。貸金業法改正でグレーゾーン金利が違法となったことが影響してます。もしかしたらあなたの借金もかも?東大阪市の借金相談・連帯保証人への迷惑や自己破産も気になります。借金解決のカギをにぎる過払い金のこと。東大阪市でも。

〔商品先物取引〕

経済新聞を見ると、大豆やコーヒーなどの農産物は価格が変動していることに気づきます。

小麦などの価格がパン屋さんに影響するというニュースを聞くことも。

この商品の価格変動に着目した投資方法があります。

それが商品先物取引です。

値段の上下動によって利益を得ようとする投資方法です。




〔集団パニックの中の投資〕

パニックでも集団のパニックはもう手がつけられないです。

たまに発生する暴落がそうでしょう。

何かのきっかけで、堰を切ったように一気に暴落し始めることがあります。

パニックが始まったら、個人としてできることは限られてます。

底値でも売りにだすか、パニックが収まるまで待つか。

売りに出しても買い手がいなくて、結局パニックが収まるまで何もできないということもあります。

とにかく、パニックの状況では割り切りも大事です。

気持ちまでパニックに引き込まれてしまったら、冷静な対応が取れなくなってしまいます。

精神力も大事ですね。






〔換金にかかる費用〕

通貨の換金の際にも費用がかかります。

為替レートとの違いにも注意したいです。

例えば1ドル100円だったとして。

ある金融機関で預け入れを行なう時の為替レートを1ドル=100円50銭、引き出すときの為替レートを1ドル=99円50銭としているとします。

すると差し引き1円の誤差があることですね。

この差が実質的に換金の際の費用となります。





〔CFD取引の手数料とスプレッド〕

CFD取引には手数料が無料のところがあります。

また無料銘柄と有料銘柄の2種類有る場合もあります。

ところで、手数料が無料でCFDを提供する会社はどうやって利益を上げるのでしょうか?

それはスプレッドが関係してきます。

スプレッドはBid(売値)とAsk(買値)の差のことです。

スプレッドの幅は大きいほど、CFD会社は利益を上げやすくなります。

利用者としてはスプレッドは狭いほどいいということです。

CFD会社選びは手数料だけではなく、スプレッドも考えて選びたいですね。






〔特定用途制限地域〕

市街化調整区域を除く、用途地域が定められていない地域には特定用途制限地域が定められる場合もあります。

これは、環境を保護するなどの目的により制限すべき建物などの用途を定める地域です。

建物の制限に関するものなので、土地の価値に関係しそうですね。



たまにはこんな話題や情報も:勉強への興味って、最初は能力の差より、性格の違いによるところが大きいです。勉強嫌いになる前に、子供任せの勉強方法で大丈夫かチェックしましょう。塾vs家庭教師@福島県会津若松市。子供の勉強のこと、今してあげられる事、今しかできないこと。
〔先物取引〕

先物取引を得体の知れないものと敬遠する人もすくなくないです。

株の現物取引と違い、売買するものが、現在の商品ではないですからね。

商品は商品でも、ある将来の時点に受取る権利の売買です。

なんとなく実体がないものの取引のようで心配になります。

でも、これも慣れなんですよね。





〔パニックと投資〕

強いストレスの中では、人は時としてパニックに陥る事があります。

しかし、投資活動においては、パニックは困ります。

パニックは時間が解決してくれることもあります。

でも、パニックが収まったときには「時既に遅し」ということも。

ストレス下ほど迅速な行動や冷静な判断が求められます。

パニックに陥らないよう、日頃から心の制御についても学ぶ事が大事ですね。






〔外貨預金の意義〕

外貨預金をする意義はいくつかあります。

まずは資産の適切な運用が基本的な目的になります。

高金利や為替差益が狙えます。

逆に損失のリスクもありますが、その分世界経済を学ぶきっかけができます。

経済を学ぶことで資産運用の考え方も変わってくると思います。

通貨に対するリスク分散と言う意味もあります。






〔差金決済とCFD取引〕

CFDの特徴は差金決算であること。

差金決算とは、株式など現物なしで売買の差金で決算することです。

一般の取引所での株式売買ではこの差金決算はできません。

そのため1日に同じ銘柄を何度も売買することはできません。

ところが、ところが、CFDであれば同じ銘柄であっても同じ日に何度も売買を繰り返すことが可能です。




〔特別用途地区〕

用途地域内に定める一定地区で、建築制限や禁止を地方公共団体の条例で定めることができることになってるようです。

なお国土交通大臣の承認によって、条例で制限緩和も可能なんだとか。

つまり、学校を優先的に建築し、その周辺環境を整えるためなどに定める場合があるようです。



このごろ関心のあることの情報です:倉敷市での自動車保険選びのイマドキ。倉敷市で愛車に最適な保険を見つけるコツと便利な方法。
〔日本の商品先物〕

江戸時代から実は商品先物取引があったそうです。

先物取引と言うと金融技術を駆使したものかなというイメージがあります。

でも、意外に古くから存在する方法だったんですね。

先物取引の対象となったのは米だそうです。

ちなみに、1939年、第二次世界大戦時に米流通統制が行われ廃止となりました。






〔怖い集団心理〕

 大勢の中にいると、客観的な判断とは関係なく安心感があるものです。

まさに「赤信号、皆でわたれば、怖くない」の心理ですね。

これこそが、集団心理の怖さでしょう。


 みんなと同じということだけで、安心感を得て、考える事をやめるのは危険です。

特に株投資の場合ではそうです。

どんな局面でも、みんなと同じと言うことだけに安心して、考える事を止めることがないようにしたいですね。







〔定期の満期で〕

外貨預金の定期預金をしていて、満期が訪れたら。

日本円に換金するのが当たり前と思うかも知れませんね。

でも、そのときの為替を考えて決めないと、下手すると損します。

まずは外貨のまま普通預金にするか、あるいは定期を継続するという方法もあります。

慌てない事が大事です。






〔相対取引のCFD取引〕

金融商品の取引には東証など市場を通すものと、市場を通さない相対(あいたい)取引があります。

CFD取引は、市場を通さない相対(あいたい)取引です。

つまり、CFDの価格はCFD会社が決め、CFD会社によって異なってきます。

概ね市場に連動しているとはいえ、違う場合もあります。

とにかくCFDではCFD会社選びがすごく重要です。




〔用途地域〕

不動産投資ではしっかり理解しておきたい地域地区。

例えば、用途地域は定められてる種類によって、どんな建物が建てられるか、建蔽率や容積率なども変わってきます。

都市計画区域で定められ、市街化調整区域では定められません。

準都市計画区域でも用途地域を定めることができます。



まあまあ参考になったかなこんな情報と話題:ステラを売るかどうかは、今の価値しだい。ステラ査定!高い買取店は比べて選ぶ※新定番はケータイで楽々を参考に。中古車買取りは競争の時代です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]