忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔日本の商品先物〕

江戸時代から実は商品先物取引があったそうです。

先物取引と言うと金融技術を駆使したものかなというイメージがあります。

でも、意外に古くから存在する方法だったんですね。

先物取引の対象となったのは米だそうです。

ちなみに、1939年、第二次世界大戦時に米流通統制が行われ廃止となりました。






〔怖い集団心理〕

 大勢の中にいると、客観的な判断とは関係なく安心感があるものです。

まさに「赤信号、皆でわたれば、怖くない」の心理ですね。

これこそが、集団心理の怖さでしょう。


 みんなと同じということだけで、安心感を得て、考える事をやめるのは危険です。

特に株投資の場合ではそうです。

どんな局面でも、みんなと同じと言うことだけに安心して、考える事を止めることがないようにしたいですね。







〔定期の満期で〕

外貨預金の定期預金をしていて、満期が訪れたら。

日本円に換金するのが当たり前と思うかも知れませんね。

でも、そのときの為替を考えて決めないと、下手すると損します。

まずは外貨のまま普通預金にするか、あるいは定期を継続するという方法もあります。

慌てない事が大事です。






〔相対取引のCFD取引〕

金融商品の取引には東証など市場を通すものと、市場を通さない相対(あいたい)取引があります。

CFD取引は、市場を通さない相対(あいたい)取引です。

つまり、CFDの価格はCFD会社が決め、CFD会社によって異なってきます。

概ね市場に連動しているとはいえ、違う場合もあります。

とにかくCFDではCFD会社選びがすごく重要です。




〔用途地域〕

不動産投資ではしっかり理解しておきたい地域地区。

例えば、用途地域は定められてる種類によって、どんな建物が建てられるか、建蔽率や容積率なども変わってきます。

都市計画区域で定められ、市街化調整区域では定められません。

準都市計画区域でも用途地域を定めることができます。



まあまあ参考になったかなこんな情報と話題:ステラを売るかどうかは、今の価値しだい。ステラ査定!高い買取店は比べて選ぶ※新定番はケータイで楽々を参考に。中古車買取りは競争の時代です。
PR
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]