忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔商品先物とレバレッジ〕

投資の際にレバレッジという言葉を耳にすると思います。

商品先物取引でもレバレッジがあてはまります。

どういうことかというと、つまり口座に入れたお金の数倍、数十倍の金額での取引が可能であるということです。

これはメリットであり、逆にリスクとなることもあります。

仕組みを理解して始める事が大事です。






〔集団心理と株〕

 集団の心理が株取引の決断や、株価に大きく影響する事があります。

無意識のうちに影響を受けていることもありますので、注意が必要です。


 「みんながするから」という理由で何かをするとき、だれもしないことをするより安心感があります。

ところが、株取引ではそのように他人に追従した姿勢では、最後のババを引かされることにもなりかねないです。

注意が必要です。






〔外貨預金の利益の出所〕

外貨預金で利益をあげるには、一つは「金利」。

そしてもう一つは「為替差益」です。

ちなみに為替差益は、失敗すると為替差損になりかねないリスクもあります。

高金利の預金を選んでも為替差損で目減りするのは悲しいですね。

理想的には、高金利な預金を、円高時に預け入れ、円安時に引き出すということです。





〔CFD取引とレバレッジ〕

CFD取引では証拠金を用いることでCFD取引は少額であっても大きな額の取引ができます。

このことを一般にレバレッジといいます。

少額で大きな取引ができるCFDですが、レバレッジが大きければそれだけリスクも大きいことは忘れられません。

レバレッジは、CFDの種類・銘柄によって異なります。

例えばオリックス証券の場合はレバレッジ5倍~20倍です。





〔都市計画区域〕

都市計画区域とは、一体の都市として総合的に整備・開発・保全が必要な区域のことです。

自然・社会環境や人口、産業、交通量などを考慮して定められます。

原則的に都道府県が指定します。

大都市周辺では、無秩序な開発を防止するために、この都市計画区域を市街化区域・市街化調整区域・非線引都市計画区域に区分します。



最近見つけたいいページです:中古車流通が昔と違い多様化しており、中古車買取も競争の時代です。中古arist/アリストの査定は簡単に比較できる仕組みがあります。TOYOTA車でも系列店の下取りが一番とは限らないです。
PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]