忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔商品先物取引の危険性〕

投資にはリスクはつきものです。

預金や貯金があてにならないということで、投資を始める人が多いですが、注意したいところ。

投資の中でもレバレッジが効いた投資はさらに高いリスクが伴います。

商品先物取引もリスクの大きい投資の一つ。

チャレンジするのはいいですが、リスクの把握と、失敗しても致命的にならない範囲で始める事が大事ですね。





〔株の流動性〕

株には流動性という概念があります。

カンタンにいうと、売りやすさや買いやすさのことを差します。

どういうことかというと、通常株取引では購入したい株を購入しますが、中には購入したくても、購入できない株があります。

つまり株を持ってる人が売ってくれない場合です。

株の発行数が大きいと、市場価格で売買はリアルタイムにできる事がおおいです。

でも、発効数の少ない株では、買いたいけど買えない。

逆に、売りたいけど買い手がいないということがあります。

これ、流動性が低い株です。

流動性は発効数だけでは分からないことも。

発効数は多くても浮動株が少ない場合もこのような事が起こります。

株の銘柄選び、流動性のことも注意したいです。

売りたいときに売れないって、リスクですね。







〔外貨預金の選択〕

資産運用には選択肢がたくさんあります。

おそらくプロでもない限り全てを把握するのはムリなほどたくさんです。

外貨預金を選ぶ人は、投資信託とどちらにするか迷ったかもしれないですね。

定期預金や国債では物足りないといった感覚でしょう。

投資にはもっとリスキーなものもあります。

ただ、プロとは違いますので無理しないのが一番ですね。







〔CFD取引と配当金〕

通常株式を持っていると、配当金や株主優待などが受けられたりします。

でもCFD取引では現物を取引しないため、配当金は受け取りできません。

ところが、配当金調整額というものがあります。

例えば、権利確定日に買いボジションなら調整額を受け取る一方で、売りボジションなら調整額を払わなければなりません。

独自のルールがあるCFD取引ですのでまずはしっかり理解することがポイントです。





〔地域地区いろいろ〕

特定容積率制限地区や、高層住居誘導地区、高度地区、高度利用区などもあります。

さらに、市街地における火災の危険を防止する目的で定められる防火地域・準防火地域とうものも。

まだまだ、風致地区、景観地区、伝統的建造物群保存地区、美観地区など多くの種類の地区が存在します。



近頃気になるほっとな話題です:契約どおりに返済していた多くの人が、過払い金をもらって借金を解決してます。貸金業法改正でグレーゾーン金利が違法となったことが影響してます。もしかしたらあなたの借金もかも?東大阪市の借金相談・連帯保証人への迷惑や自己破産も気になります。借金解決のカギをにぎる過払い金のこと。東大阪市でも。

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]