忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

個人向け国債と金利。資産運用で金利はすごく重要ですが、個人向け国債には2種類の金利設定があります。購入時に定めた金利が満期まで固定の「固定金利」と、経済状況に応じて金利が変わる「変動金利」です。購入時は「変動金利」のほうが少し高めの金利に設定されているようです。どちらが良いかは、契約後の経済状況によって変わりますが、購入時には分からないので、予想や好みで選ぶしかないですね。
次は、投資信託を選ぶ。投資信託は比較的リスクが低い金融商品の一つです。とはいえ、投資信託には星の数ほど商品がありますので内容によってはリスクも多様です。投資信託は銀行でも取り扱いがあり、比較的身近な金融商品の一つでもあります。ちなみに、投資信託には手数料がありますが銀行より証券会社のほうが安いといわれています。近頃はネット証券でもかなりの種類の投資信託が扱われており、忙しい人たちの間でも人気です。
それから、負債解消と資産運用。家のローンや車のローンなどもし負債があるのでしたら、将来のための資産運用より負債解消を優先するのが基本です。ローンの金利など負債にはコストがかかります。早く返済してしまったほうが頭の中もスッキリします。負債と資産を両にらみでしっかりコントロールするのって知力も気力も必要です。だから負債があるときは、まずは負債解消が将来の備えの第一ステップです。
さらに、CFD取引とレバレッジ。CFD取引では、レバレッジ効果を用いて少額で大きな額の取引や、大きな利益を挙げることが可能です。証拠金を用いることでCFD取引は少額であっても大きな額の取引ができます。少額で大きな取引ができるCFDですが、レバレッジが大きければそれだけリスクも大きいことを忘れてはいけません。
最後に、デリバティブのCFD。CFDはデリバティブです。デリバティブは漢字で書くと「金融派生商品」となり、株など実際の商品から派生して生まれた取引のことです。代表的なデリバティブには、先物取引、オプション取引、スワップ取引などがあります。CFDは、もともとプロの投資家のデリバティブのエクイティ・スワップを個人投資家用にアレンジしたものです。メリットと同時にリスクもありますので、手軽さとは裏腹に十分な理解が大切です。

ピックアップページ紹介コーナー・・・買取り査定と中古車のことのさんこうに.ムーヴコンテ下取り.豊川市愛車(中古車)買取.
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]