忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

外貨MMF。MMFは一般的に安全性が高いといえますが、運用会社選びはしっかりしたいです。運用会社によっては元本割れのリスクに差があります。ところで外貨MMFと呼ばれるMMFがあります外貨建てMMFのことで、外貨で運用されています。外貨預金より一般的に高金利というのがメリットのひとつです。
次は、国債で資産運用。国債を利用した資産運用も非常にポピュラーです。国債は国が発行する債券ですので、安全性はかなり高いです(ただし額面割れのリスクがゼロではありません。)。金融商品のなかでも特に高いほうです。そのため安全性を求める人には人気の高い国債です。国債は個人向け国債なら1万円から購入できますし、手軽で手頃な投資対象ですね。
それから、投資信託を選ぶ。投資信託は比較的リスクが低い金融商品の一つです。とはいえ、投資信託には星の数ほど商品がありますので内容によってはリスクも多様です。投資信託は銀行でも取り扱いがあり、比較的身近な金融商品の一つでもあります。ちなみに、投資信託には手数料がありますが銀行より証券会社のほうが安いといわれています。近頃はネット証券でもかなりの種類の投資信託が扱われており、忙しい人たちの間でも人気です。
さらに、資産運用のリスク。資産運用選びでリスクは忘れてはいけないものです。ついリターンのほうを優先してしまうと、あとで大きな失敗をすることも。ですので、資産運用についてしっかり理解する時間がとれない人は、リスクの少ないものを選ぶのが賢いです。高いリターンは期待できませんが、資産を減らす心配や損したときの対処に慌てることも無いでしょうからね。資産運用のリターンには魅力あるものも多いですが、地に足をつけた考え方でしっかり選ぶことが大事です。
最後に、差金決済とCFD取引。差金決済とは、株式などの現物を持たずに売買の差額で決済する取引のことです。CFD取引は差金決済です一般の取引所を通す株式売買では、この差金決済は禁止されており、同一銘柄で、1日に売り→買い、もしくは買い→売り、の一往復の売買しかできません。ところが、CFDであれば同じ銘柄であっても同じ日に何度も売買を繰り返すことが可能です。

ピックアップページ紹介コーナー・・・中古車の買取り査定のことのさんこうに.レクサスGSハイブリッド下取り.アテンザの自動車保険.
PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]