忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔買いヘッジや売りヘッジ〕買いヘッジも売りヘッジもリスクヘッジのことです。ヘッジとは「回避」ですので、リスクを回避することです。例えばある商品の値上がりが予想される場合に現時点の価格で先物の買い建てすることは「買いヘッジ」と呼ばれ、将来高い価格で購入しなければならないリスクをヘッジ(回避)しています。逆に値下がりが予想される場合には売り建てを行うで「売りヘッジ」ができます。とはいえ、予想に反して価格が動いた場合には損をすることもあります。

〔インターネットで取引〕インターネットで株取引やCFD取引することが当たり前になりましたが、少し前には予想もつかなかった便利な状況です。インターネットにより人件費が圧縮され手数料が安くなったこともメリットの一つです。おかげで、投資がかなり身近なものとなりました。ただ、注意も必要です。操作ミスなどがそのまま意図しない取引の成立につながることもありますので。便利な環境は上手に使いこなしたいですね。


〔世界同時不況のときの投資〕2008年9月15日にアメリカの大手証券会社であるリーマン・ブラザーズが経営破たんしました。この破綻で世界経済には大きな混乱が起こりました。そして全世界が100年に1度の不況と呼ばれる状況に陥りました。たとえば、このような状況下では多くの投資家が損害を出しています。でもその一方で、この状況をチャンスと捉える投資家もいます。株価低迷時こそ投資のチャンスということです。とはいえ、その時点が本当の底なのか?まだ下落の先があるのか?いろいろな状況を見て判断が試されるときですね。

〔金・白金連動ETF〕 金や白金の指数に連動するETF(上場投資信託)があります。2010年2月15日に大阪証券取引所に上場しました。東京工業品取引所の金や白金指数に連動します。
 名前は「国内金先物価格連動型ETF」と「日経・東工取白金指数連動型ETF」の2つ。上場初日の取引は静かな出足でした。金や白金への投資にはいろいろなものがありますね。

安全性で証券会社を選ぶ~ 安全性やセキュリティは、証券会社選びでもっとも地味な部分かもしれませんが、実は非常に重要です。証券会社が破綻し、その会社に口座を開設していた人のお金が返ってこなくなったという話を耳にする事があります。
 会社の破綻はありえないことではないです。万一のことを考えれば、少なくとも信託保全(信託分別管理)がしっかり行われてる証券会社を選ぶ事がすごく重要です。

ニキビが気になる主婦の草花木果の体験です。草花木果は価格もリーズナブルですし、お気に入りの化粧品となりました。肌のお手入れと体験@草花木果。草花木果にたどり着く前のいろいろなスキンケアトライアルについても。使ってみないと分からないこともあるから、まずは試してみることが大事だと思う。


PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]