忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔大証昼休みも〕

大阪証券取引所は2011年2月、日経平均先物などデリバティブ取引で新システムを稼動させました。

それに伴い、大証は午前11時から午後0時半までの昼休みも廃止しました。

昼休みも返上で取引が可能です。

世界との競争のなか証券取引所も変化しています。

ちなみに、新システムはナスダックOMXグループ製のようです。

名前は「J-GATE」。






〔株投資で勝っている時の心理〕

 株投資で購入した銘柄が値上がりしたときはすごく嬉しいです。

下がるかも知れないということは頭では分かっていても、心理的には心躍る状況で、投資にも積極的になる傾向がありますね。

そんなとき、慎重さを失わないよう注意したいですね。


 利益確定前の値上がりだけで喜ぶのは時期尚早かも。

ホントに難しいのはどの時点で利益を確定する(株を売る)かですね。

株投資では、自分の心理も見失わないように注意したいです。






〔外貨預金のタイミング〕

外貨預金に限った話ではないですが、タイミングは大事です。

外貨預金は金利と為替差益を狙って利用されます。

実際は預けるときより、解約するときのほうが悩むかもしれないですが。

為替の動きによって受け取る金額が変わってくるだけに、難しい判断を要する場合もあります。




〔老後に向けた資産運用〕

老後のためのたくわえを残すため資産運用が重要になっています。

昔と違い年金は本当に当てにできるのか?

不安要素がいっぱいです。

子供がいない夫婦や独身の人もそうですが、子供がいても子供の協力を得られない人も多いです。

老後の生活は自分たちの力で何とかしないといけない、でも収入は簡単に増やせるものでもない。

ということで、資産にも働いてもらおうということですね。

資産運用にはリスクもあります。

資産運用の良い面ばかりで無く、しっかりリスクを学ぶことも大事です。






〔不動産購入と保証や保険〕

不動産購入の際にローンを組めば、連帯保証人となる保証会社に支払う料金が必要になります。

中には、フラット35など保証料の必要のないローンもありますが。

さらに、ローンの支払中に病気や事故によって死亡、もしくは重度障害になりローンが支払えない状態もありえます。

それに備えて入る団体信用保険の料金は、通常ローン金利に組み込まれています。



最近見つけたいいページです:足立区での自動車保険選びのイマドキ。足立区で愛車に最適な保険を見つけるコツと便利な方法。
PR
〔ヘッジファンド〕

ヘッジファンドは相場のどんな上げ下げにも対応しようとしたファンド。

買いと空売りを組合せており、どんな市場環境でもプラスを目指してます。

世の中が複雑になっていく中だけに、なんとなくナットクしてしまいそうです。

でも複雑な金融技術が駆使されて、分かりにくいという側面も。

例えば特定の銘柄と違い、出来事がプラスに働くのかマイナスに働くのか即時に把握しにくいですね。





〔他の投資家の心理を読んで取引〕

 株取引はマネーゲームにたとえられることもありますが、実際投資家には必ず損する人と儲ける人がいますので、ゲーム的な側面があります。

特に短期的な利益を目指す場合その要素が強まります。


 つまりこのマネーゲームに勝って利益を上げるには、自分以外の投資家の心理を読んで、これからその株価が同動くかを予測して売り・買いやタイミングを決める事がポイントになってきます。

株取引って見えない相手との心理戦ですね。







〔心理変化〕

投資中の心理変化を知ることは、投資を行ううえで大事なことです。

心理変化への影響は、あたりまえですが購入前後で大きく変わります。

購入前なら株価の変動も他人事ですが、購入後はそうはいかないですからね。

株価の変動で心理状態は影響を受けやすくなります。

購入前同様に冷静な対処ができるように心がけたいです。





〔ミニ株で資産運用〕

株投資を始めたいけど、なかなか始めるのに躊躇してしまうというのであれば、ミニ株から始めてみてはいかがでしょうか。

ミニ株なら購入単位が数十万円を超えるような高い株でも10分の1の単位で購入できますので、かなり手軽な感じがあります。

予算を抑えられるミニ株で、株について体験して考えるというのが一つの方法ですね。

体験してみて初めて分かることって多いですからね。






〔不動産購入の税金〕

不動産購入では、売買契約書、請負契約書、金銭消費貸借契約書などに印紙を貼ることで納付される税金があります。

不動産取得後、法務局で登記申請時に必要な税金もあります。

さらに、毎年1月1日現在不動産を保有している者に課せられる固定資産税もあります。

都市計画税と呼ばれる市町村税や、不動産取得時に一度だけ課せられる不動産取得税もあります。



近頃チェックしたほっとページです:オプティを売るかどうかは、今の価値しだい。オプティ査定!高い買取店は比べて選ぶ※新定番はケータイで楽々を参考に。中古車買取りは競争の時代です。
〔CCCとMBO〕

TSUTAYAを運営するCCCの増田社長が2011年2月早々MBOを発表しました。

約700億円で全株取得を目指すとのこと。

上場廃止で経営の自由度を高める狙いとか。

事業の再構築にはそういう方法もあるんですね。

発表時のTOB価格は600円。

なお直近の終値は461円。

この数字から見ると、CCC株を持っていたらおトクな感じですね。

ちなみに会社側は、特に株主に応募を促さない「中立」を発表しました。






〔株取引と心理戦〕

 株取引はいわば心理戦です。

ネット取引だと特に相手が見えないのでそういう認識が薄れるかもしれませんが、売る人と買う人の取引です。

そこに駆け引きとか、外的なインパクトに対する反応とか、人間の心理に基づいた動きがでてきます。


 ですので、その銘柄を取引している投資家はどんな人か?

そしてその心理状況まで思いをはせることを習慣にしていれば、だんだん見えてくるものもあるはずです。






〔格付け情報〕

格付け会社の発表により株価が動く事がよくあります。

ですので、格付け会社の発表は要チェックです。

ちなみに、ある会社の格付けが変更されたからと言って、影響するのはその会社だけとは限りません。

場合によってはライバル会社や関連会社へ影響が波及することもあります。

広い視点で捉えることも大事です。





〔インデックスファンド〕

投資信託の中にはインデックスファンドと呼ばれるものもあります。

インデックスファンドは資産運用のウォーミングアップにいいかもしれません。

初心者にもおすすめのインデックスファンドです。

インデックスファンドは株式全体の状況を表す数字であるインデックスと連動した基準価格(一口あたりの価格)の動きが特徴です。

インデックスであれば、経済ニュースなどで頻繁に出てきますので、自然に耳に入る数字だと思います。

身近な数字だけに始めやすい面もありますね。





〔仲介手数料〕

不動産を購入時、不動産業者などに仲介を依頼する場合に必要となる費用である、仲介手数料があります。

直接不動産を手放したい人を自力で見つける事ができれば、この費用はかからないでしょう。

でも、実際には難しいかもしれません。

あるいは不動産業者を通したほうが安心して取引できることも。



たまにはこんなページも:中古車流通が昔と違い多様化しており、中古車買取も競争の時代です。中古CR-V/CR-Vの査定は簡単に比較できる仕組みがあります。HONDA車でも系列店の下取りが一番とは限らないです。
〔2桁連続増益でも急反落〕

期待の大きい銘柄も難しいです。

業績発表で2桁連続増益でも、期待より低かったとして急反落することも。

利益の確定売りによる下落のようです。

例えば2011年1月28日のキヤノンがそうでした。

12月期決算を前日の大引け後に発表。

今期も2桁連続増益を見込んだ内容だったのに、28日は下げ。

なかなか期待の大きな企業は、大きな期待だけに苦労しますね。





〔株価は追従で生まれる〕

 株価は心理的な作用を色濃く受けているため、逆にそれを利用して儲けようとする人もいます。

例えば「仕手」と呼ばれることです。

つまり、あまり取引量の多くない銘柄の売り注文を一気に買うと、急な株価の上昇が起こります。


 その状況を見た他の投資家が、さらなる株価上昇を期待して購入を開始することで、さらに株価が上がり、ある程度あがったところで、仕掛けた人が売るという方法。

基本的には禁止されてる方法ですが、株価の動きをみると時々見つける事ができます。

注意が必要ですね。




〔リスクの感じ方〕

目の前に現金がある場合と、口座の数字だけを見ている場合では、同じ自分のお金でもリスクの感じ方は違うそうです。

現金が目の前にあるほうが、リスクを感じやすい傾向があります。

このリスクの感じ方の違いは、ネット証券の登場で投資が爆発的に広がったこととも一致してきそうです。

そういえばネットを通じて取引したほうが、積極的になれるような気がします。






〔投資信託を選ぶ〕

投資信託は銀行でも取り扱いがあるため金融商品の中でも身近に感じる人は多いと思います。

比較的リスクは低いほうですが、投資信託には様々な商品がありその内容によりリスクは全く異なりますので一様に決め付けて考えるのは危険です。

ところで投資信託は銀行と証券会社どちらが安い手数料で利用できるでしょうか?

一般的には証券会社のほうが安いようです。

またネット証券でも多数の投資信託が取り扱いになってますのですごく便利です。






〔不動産購入諸費用〕

不動産購入には物件の値段以外にも費用がかかります。

その費用も含めて予算を立てないと後で困ります。

一般的には、新築の場合、取得価格の5~7%といわれます。

また中古物件の場合は7~12%程度と少し高めですね。

これらは目安なので、実際にかかる費用についてはシッカリ吟味したいところです。



このごろ関心のあることのページです:欲しいクルーガーを手頃価格で手に入れるには中古車も一つの方法。新車と同じ予算なら余ったお金でグレードアップや装備アップにも回せます。近頃中古車探しは面倒ではないです。試してみると分かる、イマドキの欲しい中古クルーガーの見つけ方インターネットが常識を変えてます。

〔スマートフォン銘柄〕

スマートフォンの登場から拡大により、気になるのが関連銘柄。

早くから株を購入していた人は先見の明があったということですね。

スマートフォンといえば、アップル。

でもアプリや周辺サービスなどで関連する企業はいっぱいあります。

なかなか興味深い会社もたくさんあります。

スマートフォントは関係なくファンになりそうな会社も。

こういう銘柄探しは楽しいですね。






〔出来高と心理〕

株式市場が低迷すると、出来高が極端に少なくなります。

株式取引を行う人が激減する為です。

ちなみに出来高とは、その銘柄の取引数のこと。


 出来高の多寡がその銘柄の人気も反映しています。

人気は人気によって増幅されることもあるため、出来高の大きい銘柄には株価の上昇が期待できるケースも多いでしょうね。






〔時間が味方〕

時間が味方になる投資方法とは。

つまり、余裕をもつということ。

長期保有や、時間を分散した投資がリスクを抑えます。

逆に短期間で利益を大きくしようとすると、相応のリスクが伴います。

ですので、できるだけ早く始める事が時間を味方にするコツです。

すごくシンプルなことですが、すごく大事なことです。

忘れないようにしたいですね。







〔株で資産運用〕

株で資産運用を考える人も少なくありません。

株の場合利益も大きいですが、リスクも相応にありますので十分注意しましょう。

資産運用のつもりが借金になってしまっては元も子もないですよね。

きちんと特性を理解して、急落時などの緊急時の対象方法をあらかじめ決めておくことも大事かもしれません。

とはいえ上手く運用すれば大きな利益も期待でき、ネット証券のおかげで身近になり、魅力ある投資対象の一つではありますね。






〔不動産投資の特徴〕

不動産投資には他の投資とは違う特徴があります。

いくつかピックアップします。

基本的にハイリスク・ハイリターンです。

収益にはキャピタルゲインである譲渡益があります。

またインカムゲインとして賃料があります。

投資期間が長期に渡ることが多いです。

賃料による安定収入が見込める可能性があります。

損益通算などによって所得税・相続税・固定資産税を減額させ節税効果が期待できる場合もあります。



さいきん参考になったページです:契約どおりに返済していた多くの人が、過払い金をもらって借金を解決してます。貸金業法改正でグレーゾーン金利が違法となったことが影響してます。もしかしたらあなたの借金もかも?高槻市の借金相談・連帯保証人への迷惑や自己破産も気になります。借金解決のカギをにぎる過払い金のこと。高槻市でも。

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]