忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔集団心理と株〕

 株価の変動には個人の心理も重要ですが、集団心理もすごく重要な局面が多いです。

多くの人の決断が、その人の決断に影響することは多々あります。


 正しい・正しくないに関わらず、多数の人が選んだ選択には安心感があり選択しやすくなるということですね。

でもこのことが、株取引では大きな落とし穴になることもあります。

周りにつられての決断には注意が必要です。






〔銘柄は業績で選ぶ〕

 株購入の銘柄選び、やはり基本は業績重視で選ぶこと。

とはいえ初心者には少しハードルが高いかも知れません。

会社の業績を判断する数字などの見方や、どんな状態なら取引できそうなのかの判断なども慣れが必要ですからね。


 でもね。

このファンダメンタル分析的な方法は、長く株投資を行っていくなら身につけたいことでしょう。

身につける価値はあるはずです。




〔スマートフォン銘柄〕

スマートフォンの登場から拡大により、気になるのが関連銘柄。

早くから株を購入していた人は先見の明があったということですね。

スマートフォンといえば、アップル。

でもアプリや周辺サービスなどで関連する企業はいっぱいあります。

なかなか興味深い会社もたくさんあります。

スマートフォントは関係なくファンになりそうな会社も。

こういう銘柄探しは楽しいですね。






〔資産運用とMMF〕

「MMF」は投資信託のひとつです。

「マネー・マネジメント・ファンド」のことです。

MMFは元本割れがほとんどないと言われる、比較的安全性が高い金融商品です。

そういういみでは気軽に利用できると思います。

ただし、元本保証のない金融商品で、絶対元本割れしないとは言い切れませんので、自己責任であることは他の金融商品と変わりありません。







〔外貨預金のタイミング〕

外貨預金に限った話ではないですが、タイミングは大事です。

外貨預金は金利と為替差益を狙って利用されます。

実際は預けるときより、解約するときのほうが悩むかもしれないですが。

為替の動きによって受け取る金額が変わってくるだけに、難しい判断を要する場合もあります。



最近見つけたいいページです:環境問題がホットでいろいろな再生品があるけど、バッテリーも再生品が話題です。バッテリー交換[ノア]エコで節約を目指せる方法.

PR
〔暴落時の個人心理〕

 所有する株が、暴落を始めたら、とにかく早く手放したいのが通常の心理。

株価がゆっくり下げてる場合とは、全く状況は変わります。

少しでも損失を少なくしたいですからね。


 一方で暴落してる株を所有していない場合、リバウンドを期待してつい手を出したくなることも。

でも暴落する株のリバウンドは、発生の有無やタイミングの見極めも難しいので、興味に止めておくくらいのほうがいいでしょう。







〔投資のための情報収集〕

 情報収集は適切な投資判断を下すためにすごく重要です。

インターネットの普及でリアルタイムの情報が、昔に比べ気軽にアクセスできるようになりました。

ネット証券ならログインするだけでいろいろな情報が見られますね。


 ところで、以前の情報収集の定番だった「会社四季報」も一度は目を通しておきたいものです。

1年に4回、3月、6月、9月、12月に発行されてます。

どの分野にどんな会社があるかなど、知っておきたい事がそこにあります。





〔ライブドアショック〕

2006年1月に起こったライブドアショック。

売買注文が殺到し、さばききれない東京証券取引所が開所以来初の全銘柄売買停止の措置に至ったほどの大暴落。

不祥事に始まり、大暴落を引き起こしたものすごい事件でした。

有名なタレントもライブドアショックで損した人がいたそうです。

これほどの暴落を味わったら、もう株はイヤになるでしょうね。

でもいずれは、時がショックを薄れさせてくれるのでしょうか。




〔ネットバンキングと資産運用〕

資産運用の面でもネット銀行やネットバンキングは案外使えます。

ネット銀行の場合、若干ですが普通の銀行より金利が有利である場合が多いです。

しかも、振込みや残高確認などネットでできるので、わざわざ銀行まで足を運ぶ必要がありません。

その点もすごく便利です。

ネットの普及でネット銀行も当たり前になりつつあり、安心して利用している人も多くなっています。




〔心理変化〕

投資中の心理変化を知ることは、投資を行ううえで大事なことです。

心理変化への影響は、あたりまえですが購入前後で大きく変わります。

購入前なら株価の変動も他人事ですが、購入後はそうはいかないですからね。

株価の変動で心理状態は影響を受けやすくなります。

購入前同様に冷静な対処ができるように心がけたいです。



近頃チェックしたほっとページです:借金の返済に疲れてないですか?貸金業界の規制強化で借り難くなってますが、実は返済中の方にはこの規制強化は逆にチャンスかも。福井県越前市で誰にも知られずに無料相談から借金のことをよく知りましょう。越前市@自己破産じゃない債務整理をまず知りましょう。ポイントは任意整理や過払い金です.

〔株価暴落のこと〕

 リーマンショックやライブドア事件などのように、目に見えるキッカケによって株価の暴落が起こることがあります。

そのほかにも、不渡りを出したり、倒産を宣言するなどでも株価が雪崩的に暴落する事があります。

こういう原因が分かりやすい暴落のほかにも、何の前触れもなく暴落する事があります。


 それは新興企業などで起こりやすい暴落で、大口の売りにより株価が下がったところを、他の株主が不安を感じ雪崩的に売り急ぐという状況です。

注意したいですね。







〔中長期の投資〕

 中長期の投資には1年程度で考える場合や、10年以上で考える場合などいろいろ。

いずれにしても先を見通す力が必要ですので、ファンダメンタル分析が欠かせない難しい投資になりそう。


 でもね。

一方で日々の変動を気にする必要がないので、精神衛生上は中長期で狙ったほうが安定してそうです。

短期だと短い期間での変動がすごく大事なので、ちょっとした動きにも敏感になってないといけないですからね。

どっちがいいかは好みですかね。





〔ナンピン買い〕

「ナンピン買い」という買い方があります。

株価が下がったときに、平均の取得価格を下げるために追加で購入することです。

でも、この買い方、何か違和感を感じます。

値が下がっているのに追加で買うというのですから。

株価が上がらなければ、どんどん損失を膨らますことになるはずです。

取得価格の平均を下げておけば、利益がでる株価も下がるという側面はあります。

でも怖い買い方だと思います。






〔定期預金と資産運用〕

定期預金は普通預金について広く知られた資産の運用方法ですね。

普通預金よりも有利な金利が期待できるので、リスクが最小限である気軽さもあり多くの人が利用しています。

ただ、昔と異なりかなり金利が低くなっているので定期預金では物足りなさを感じる人も少なくないです。







〔格付け情報〕

格付け会社の発表により株価が動く事がよくあります。

ですので、格付け会社の発表は要チェックです。

ちなみに、ある会社の格付けが変更されたからと言って、影響するのはその会社だけとは限りません。

場合によってはライバル会社や関連会社へ影響が波及することもあります。

広い視点で捉えることも大事です。



たまにはこんなページも:勉強への興味って、最初は能力の差より、性格の違いによるところが大きいです。勉強嫌いになる前に、子供任せの勉強方法で大丈夫かチェックしましょう。塾vs家庭教師@東京都国分寺市。子供の勉強のこと、今してあげられる事、今しかできないこと。
〔ブーメラン効果とは〕

 ブーメラン効果というのを聞いたことないですか?

ブーメラン効果とは簡単に言うと、自分が説得した結果、それが自分に仇となって返ってくるという現象のことです。


 どういう状況があるかというと、例えば推奨銘柄でも過剰に宣伝されると、逆に反発するものです。

これは人間の本能的な心理学的作用です。

ある意味防衛本能かもしれないですね。






〔短期の投資〕

 短期の投資は短期間で利益をだせる可能性がある一方で、逆に短期間で損失が膨らむリスクもあります。

短期投資の代表ともいえるデイトレでは、1日に何度も売り買いを繰り返すこともあります。

短期投資はギャンブル性が強いとも言われてます。


 一方で初心者に意外に人気のある短期投資です。

すぐ結果がでることが受けてるのでしょうか?

プロもアマも混戦する投資の世界で、システム的にも情報的に強いプロが参戦している以上、短期投資で一般の人が勝ち続けるのは難しいかもしれないと、個人的には思うのでした。







〔暴落後も冷静に〕

損切りラインを超えて株価が下落してしまうことがあります。

自分が設定した損切りラインで売りをだしても、必ずしも売れるとは限らないからです。

どんどん値を下げ底値を見てビックリするケースもあります。

でもそんなときでも自暴自棄になってはいけません。

冷静に対処しましょう。

今度こそ損切りに売るのがいいのか。

それとも、反発を待つのがいいのか、状況を見極めたいです。

案外、暴落後底値で反発するケースもあります。

売るタイミングを今度こそ逃がさないようにしたいです。





〔身近な資産運用〕

資産運用は身近なものになってきています。

ところで最も身近な資産運用といえば預金です。

金利は低いものの、誰もが簡単に利用している資産運用の一つです。

リスクもリターンもかなり低いので資産運用という認識を持ちにくいかもしれませんが。

近頃は銀行でも金融商品を扱っており、預金以外にも資産運用の選択肢が広がっています。

すこしづつでも、身近なものから試してみてはいかがでしょうか。






〔リスクの感じ方〕

目の前に現金がある場合と、口座の数字だけを見ている場合では、同じ自分のお金でもリスクの感じ方は違うそうです。

現金が目の前にあるほうが、リスクを感じやすい傾向があります。

このリスクの感じ方の違いは、ネット証券の登場で投資が爆発的に広がったこととも一致してきそうです。

そういえばネットを通じて取引したほうが、積極的になれるような気がします。



このごろ関心のあることのページです:中古車買取りが競争の時代。また途上国など海外で日本の中古車が人気の時代。5シリーズの廃車はまだ早いかも。簡単査定で価値のチェック.

〔固定観念が危険〕

 株投資で気づきにくい危険に固定観念があります。

どんな動きも前提条件があります。

その条件が違えば結果は全く違うもになりかねないです。

ところが、その前提条件を当たり前のことと思い込み、そしてその思い込みに気づかないままでいると、とんでもない失敗を犯すことも。

その固定観念が確信を生むものなら、大きな失敗につながることも。

失敗しないためには、常に前提条件を意識するとともに、株や情勢の動きに対する柔軟な姿勢も大事ですね。




〔株の投資と期間〕

 株を所有する期間によって、株投資のスタイルはかなり違ったものになります。

例えば1日に何度も取引するようないわゆるデイトレというスタイルのほか、数ヶ月、数年間株を保持するスタイルなどもあります。


 それぞれのスタイルで証券会社選びも変わってくるでしょう。

もちろん銘柄も。

たっぷり時間が取れて積極的に売買したいならデイトレ。

片手間の時間でやるなら中・長期といった区分でしょうね。





〔株価下落に恐怖〕

株取引を行っていないときは、株価が下がっても他人事ですね。

ところが、株取引を始めると、持ってる銘柄の下落には恐怖さえ感じることもあります。

また、下落していなくても不安を感じる場面も。

ところで、一番人間の恐怖や不安がでる場面というのは、下落のし始めだそうです。

株価の下げは、ビックリするほど早いこともありますので、見極めが少し遅れると大きな損失になることも。

株価の動きが大きい銘柄はなかな気が休まらないですね。





〔資産運用何から〕

資産運用を考えたとき、もし自分に資産といえるほどのものがない場合はどうするか。

まずは100万円を目標に預金を増やしてみてはいかがでしょうか。

普段の生活での収支の管理ができていないと簡単に貯まる額ではありませんがすごく大事です。

資産運用が「攻め」とすれば、収入の中で支出をおさえるというのは「守り」のようなもので、両方がそろって初めて効果が発揮されます。




〔時間が味方〕

時間が味方になる投資方法とは。

つまり、余裕をもつということ。

長期保有や、時間を分散した投資がリスクを抑えます。

逆に短期間で利益を大きくしようとすると、相応のリスクが伴います。

ですので、できるだけ早く始める事が時間を味方にするコツです。

すごくシンプルなことですが、すごく大事なことです。

忘れないようにしたいですね。



さいきん参考になったページです:悩みの借金、本当はすぐ解決できるかも。多重債務が社会問題となって国や行政が動きました。貸金業法改正などの規制強化のおかげで、合法的にだれにも迷惑かけずに、周りに知られること無く借金を解決しているひとがたくさんいます。一人で悩むのは損です。誰にも知られず生駒市の無料借金相談で気になる疑問を解消しましょう.
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]