忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔板情報と投資家〕

 板情報を最も重視する投資家には二通りあるといわれてます。

初心者と上級者。

ともに板情報を重視しても、その動きは全く異なることもあります。


 板情報からの類推に加えて、経験上の動きを知ってるか知らないかによるものですが、必ずしも上級者の判断が常に正しいとは限らず、初心者の判断が正しいこともあります。

難しいところですね。

板情報だけじゃなく多面的な分析が大事と言うことですね。

とはいえ判断が複雑になったりでスピードは落ちますが。







〔テクニカル分析〕

 テクニカル分析は株価の動きの傾向を分析して、取引のタイミングを探っていく分析です。

ファンダメンタル分析に比べるととっつきやすいかもしれないです。

見るものが限られますからね。


 まず、ローソク足などチャートの種類を知り、トレンドの基本に付いて勉強する事が大事です。

テクニカル分析には数々の方法があります。

まずは方法選びですね。

方法によって使うチャートも変わってくるでしょう。

近頃はテクニカル分析をプログラム化して、ソフトが売買のタイミングを教えるというものまで出てるようですよ。






〔株価の天井と心理〕

株価の上昇トレンドが続いた後は天井がやってきます。

いったん株価が下がったとき、上がり始めもしくは、それ以下まで下げる事があります。

これは、その銘柄に対して失望感が出た状態です。

一方で上昇トレンドが続いている場合は、一旦下げた場合も直前の上がり始めの株価まで下がることはなく、再び上昇に転じます。

テクニカル分析的には買いを示す場合が多い状態です。

ときどき表れるこの天井、これは「いつまでも上がり続けるはずがない」という心理的な迷いを示しているのかもしれません。






〔資産運用を考えよう〕

資産運用といえばお金持ちがするものというイメージの人もいるようですが、それは間違いです。

今の生活を犠牲にしないで、なおかつ将来の備えをしていくには資産運用がすごく重要です。

資産運用は時間をかけるほど選択肢が広がりますので、始めるのは早いほうがいいです。

自分の資産運用について一度しっかり考えて見ましょう。





〔東証の昼休みの発表〕

2011年2月22日に東証の株式取引の昼休み短縮が発表されました。

5月9日からの30分短縮を発表。

およそ2ヶ月半前の発表でした。

とはいえ、その前から大型連休明けと時期は示してたのでそれほどのサプライズはなかったです。

ちなみに変更内容は、11時~0時30分までだった昼休みを、11時30分~0時30分までに短縮する内容でした。



最近見つけたいいページです:そろそろ愛車の買換え時という場合。横浜市で愛車売るなら買取店選びが大事。でも意外と簡単。中古車買取りも競争の時代だから、簡単に査定比較できる仕組みが便利。
PR
〔板情報と心理学〕

 株価や出来高、現在の注文数が分かる板情報。

投資家の心理を大きく刺激する情報の一つです。

板情報の動きで銘柄選びや売買のタイミングを決めている人も多いです。


 でも注意したいのが、この板情報をもとに感情のままに取引することは危険と言うこと。

心が動かされやすい情報だけに、対極を見た判断を忘れないようにしたいです。






〔ファンダメンタル分析〕

 初心者がファンダメンタル分析だけで大きな投資を行うのは危険かも。

というのも、情報量的に到底プロには及ばないでしょうから。

プロに有利な土俵ですね。


 ファンダメンタル分析では、企業の業績、財務状況、世間の景気や、トレンド、世界情勢などなど、あらゆるものを考慮して総合的に行う分析。

情報の質と量とスピードがポイント。

例えば、インパクのある情報でも、入手がみなに知られたあとでは、大きな効果は望めないわけですから。






〔株価上昇の時の心理〕

株価が上昇を始めたとき、投資家たちが少しづつ動き出します。

まず、最初のうちは、たまたまか、仕手かも知れないですし、飛びつくなどのことはしないで静観する投資家が多いでしょう。

一方で、テクニカル分析主体の人や、初心者などはすぐに買いに転じるかもしれません。

ある程度上昇基調が確認できたり、上昇に対する反発の下落が小さかった場合、一気に投資家の関心が高まっていきます。

慎重だったファンダメンタル重視の人も買いに動き出すことでしょう。

こうして人気が、人気を呼び株価上昇をさらに強化する働きも動き出すこともあります。







〔個人の資産運用〕

個人にとっても資産運用は大事なことです。

昔と違い利息もあまりつかない上に、金融機関が破綻することもあります。

ですので、自分の資産は自分で守るという考えが大事です。

資産というといろいろな形があります。

現金のほか、預金、債権、株、貴金属、家、・・・。

それぞれ特徴がありますので、その特徴を踏まえてリスク管理する事が大事ですね。







〔アローヘッドの1年〕

東京証券取引所の株式取引システム「アローヘッド」。

導入して最初の1年はまずまずの出だしでした。

2010年1月に稼動したアローヘッド。

高速売買を特徴とし、1年後の2011年1月にはその高速売買は全体の3割に。

ちなみに2010年は全体の注文件数は前年の2割増でした。

高速売買専用の「コロケーション」と呼ばれるサービスが奏功したようです。

個人投資家にはあまり関係のない話しかもしれませんが。



近頃チェックしたほっとページです・・・あなたのアウトランダー、下取りがいいか買取りがいいかは査定を比較すれば分かります。査定比較は実は簡単です。アウトランダー下取りvs買取りで適正な価格でアウトランダーを手放す.

〔株投資の心理・売るとき〕

 買うときと売るときでは心理的に大きく違います。

売るときの心理って思いなおすとかなり複雑。


 理想はベストなタイミングで売りたいのですが、そのベストが分からないからこそ迷いも生じたり。

ある程度自分の中で基準をつくって機械的に行う事が、投資成果の面でも、精神衛生上でもメリットは大きいでしょう。







〔株の分析〕

 テクニカル分析とかファンダメンタル分析という言葉を耳にしたことあるでしょ。

株取引のタイミングを決めるための分析って、大きくこの2つに分けられます。


 テクニカルはチャートなどで株価の傾向から、ファンダメンタルは事件・出来事・運営状況・各種発表などの情報から、株取引のタイミングを検討する分析。

どちらも奥が深いですが、かといって極めたからといって100%の分析ってなかなかない。

分析の外れについてのリスクも考えて取引方法でフォローするのも大事です。







〔株の流動性〕

株の「流動性」とは、売りやすさ・買いやすさです。

つまりある銘柄の株が欲しくても、その株を持っている人が売ってくれなければ、購入できません。

逆に売りたいときも、買いたいという人がいなければ売れません。

株の発行数が少ない場合や、発効数は多くても浮動株が少ない場合には、流動性が低い場合があります。

売りたいときに売れないリスクがあることから、流動性の低い株には注意が必要です。

とはいえ、流動性が低くても配当がしっかりしていれば、長期投資と割り切って購入することもできます。

流動性をどう捉えるかで行動は変わります。




〔ジェット証券〕

ジェット証券は口座開設が早いくて便利です。

また初心者向けの解説コンテンツも分かりやすく充実しており、手数料も高くないので初心者には使い勝手の良いネット証券でしょう。

さらに株主優待情報の検索もできます。

株主優待にはすごく便利なものも多いです。

中には株主優待を目的に株を取得する人もかなりいますよ。







〔巨額資金の運用〕

巨額資金を運用する機関投資家の悩みの一つ。

自らの売買注文が他の投資家の取引を誘って株価が想定どおりにならないこと。

そんなとき、アルゴリズム取引で売買を細分化することで株価への影響が減らせるようです。

人間には真似できないほどの細分化です。

コンピュータープログラムが取引を変化させてますね。



たまにはこんなページも・・・小学校の6年間を使うランドセル。安いだけでは困ります。値段の違いは素材や機能の丈夫さの違い。ランドセル選びのポイントを。世界を楽しくもっと得意に!【しゃべる地球儀】通販で。お値打ちランドセルを安くおトクに買う方法も。
〔株投資の心理・買うとき〕

 株投資、まず株を買わなければ始まらないですね。

買うときの心理の分析はポイントになります。

どういうタイミングで購入するか?

人や時によって違うと思いますが、主に「他の人も買って人気だから」というのと「売られてて割安感を感じて」というのがあると思います。


 経済成長期のように株価が長いスパンで上がってるときは人気に乗るのもいいですが、近頃はあまり長く上がり続けることは少ないかも。

人気任せの購入では痛い目にあう可能性があります。

気をつけましょう。






〔損切りを身につけよう〕

 持っている株の株価がどんどん下がっているとき、あなたならどうしますか?

再び株価があがるのをただじっと待つだけでは、損失がどんどん広がってしまう場合もあります。


 株価がある程度下がったときに見切り売りして、損失拡大を防ぐのが「損切り」です。

この損切りを身につけることも長く株取引をしていくためには、すごく重要なことです。







〔集団パニックの中の投資〕

集団パニックは非常に危険な状況です。

何かのきっかけで、ときに起ります。

一旦パニックになると、もうどうすることもできないです。

できることも限られてます。

パニックによる暴落の場合、パニックが収まるまで待つか。

底値や成行で売り注文を出し、損失を最小限に食い止める手立てを講じるか。

売り注文を出しても、買う人がいなければ取引が成立しないので、結果的にパニックが収まるまで何もできないこともあります。

でも、せめて気持ちだけはパニックに引き込まれないように注意しましょう。

気持ちがしっかりしてれば、状況から学ぶことも、そして挽回することだってできるはずです。







〔クリック証券〕

クリック証券は、GMOインターネット証券から、名前を変更しました。

クリック証券には、初心者にも扱いやすいツールが整っています。

また夜間取引が格安だったり、他にも現物取引や信用取引も手数料が低いことなどもあり、初心者が始めるのに便利なネット証券の一つです。







〔アルゴリズム取引〕

売買を全てコンピューターが発注するアルゴリズム取引。

このすごいところは、1秒間に数千回もの注文を出すこともあるとか。

プログラムの示す価格が約定にならない場合、スグ注文を取り消すということも行われるようです。

人間が太刀打ちできない世界での売買ですね。

もともとは外国証券が手掛けた手法だそうです。

でもこれって、諸刃の剣な側面ももってそうです。

うまく行くかどうかはプログラムしだいと言うことですね。



このごろ関心のあることのページです・・・自動車保険はサービスと価格の競争の時代。比べればもっとあなたのスプラッシュの保険は節約できるはず。スプラッシュの任意保険選びの参考に.

〔株投資の心理@負けてるとき〕

 株取引を続けていれば、いろいろな心理状況を体験することになります。

勝ってる時、負けてる時という単純なケースだけじゃなく、少しだけ利益が出てるものの伸び悩んでどうするか迷ったり、少し損失はあるもののこれから伸びそうな気配にワクワクしたり。


 現在の状況とこの後の期待や不安によって様々な心理状況があります。

そんな中もっとも適切な心理状況とは、実は少しだけ負けてるときなんだそうですよ。

負けてるときがいい状況って複雑な感じですね。




〔買った株を売る〕

 買った株を売るタイミングを身につけるのも株投資ではすごく重要です。

「目標の利益確保が達成されたから」「下落が続いての損切り」「そろそろ値下げが予想されるから」理由はどうであれ、ちょっとしたタイミングでその結果が意図せず全然違うものになったりします。


 ベストタイミングは考え出すと答がでないので、ある程度の割り切りやルール化がすごく重要かもしれません。





〔パニックと投資〕

人は時としてパニックになる事があります。

しかし、投資においてパニックに陥ることは、すごく問題です。

パニックはストレスによって引き起こされる場合が多いです。

ところが、投資においては、そんなストレス下ほど冷静な判断や迅速な行動が必要になります。

想定外の状況にもパニックに陥らないように心がけたいところです。







〔ひまわり証券〕

FX取引に強いと言われている「ひまわり証券」です。

ネット証券の中でFX取引の実績はトップの数字を誇っています。

ひまわり証券の一番の特徴はwebセミナーの豊富さ。

またFX取引の手数料が無料です。

さらに、パソコンだけではなく携帯からも同じ環境で取引ができるところも支持されています。

FXするなら「ひまわり証券」でしょうね。




〔アローヘッド〕

アローヘッドとは、東証が2010年1月から導入した売買システムの名前。

コンピュータを使った高速売買に対応するシステム。

開発は富士通だそうです。

ミリ秒単位の処理にも対応したシステムとか。

まさに、コンピューターにしかできない時限での株売買です。

1秒間に数百数千回注文を出すって、想像もできない世界の売買です。



さいきん参考になったページです・・自動車の査定は面倒だった昔と違います。愛車の価値と自動車査定。ネットを利用してカンタンに査定比較。.
ペット犬との生活、健康や病気・ケガのことを考えたら、保険のことも大事です。ペット保険は無料資料請求で保険比較から/ウェルシュ・コーギー・ペンブローク/。愛犬のために今からできること。

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]