忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔株価上昇の時の心理〕

株価が上昇を始めたとき、投資家たちが少しづつ動き出します。

まず、最初のうちは、たまたまか、仕手かも知れないですし、飛びつくなどのことはしないで静観する投資家が多いでしょう。

一方で、テクニカル分析主体の人や、初心者などはすぐに買いに転じるかもしれません。

ある程度上昇基調が確認できたり、上昇に対する反発の下落が小さかった場合、一気に投資家の関心が高まっていきます。

慎重だったファンダメンタル重視の人も買いに動き出すことでしょう。

こうして人気が、人気を呼び株価上昇をさらに強化する働きも動き出すこともあります。






〔分散投資がポイント〕

 分散投資が大事というけど、調子のいい株に一点集中のほうが効率的じゃない?

確かに順調なときはそう思えるかも知れませんが、問題は急落したとき。


 例えばね。

ライブドアのように、前ぶれなくどーんと急落するリスクを、実はどの会社も持ってます。

一点集中だと急落したときに気持ち的にも冷静が保てなくなります。

分散しておけば、万一のリスクにももっと冷静な判断ができるはずですよね。






〔ネット証券4社で障害〕

ネット証券の4社で、一部の顧客が取引画面に接続できなくなる障害がありました。

同じシステム会社に開発を委託している4社でした。

それは、SBI証券、岡三オンライン証券、トレイダーズ証券、アイディーオー証券、の4社。

ちょうど大阪証券取引所が先物などの新取引システムを稼動させた日と同じ2011年2月14日のことでした。






〔資産運用の慎重さ〕

運用する資産はどんなお金でしょうか?

将来に備えたお金を運用するのでしたら、慎重さも必要です。

大胆に稼ぐ人もいますが、儲ける人がいれば、逆に損する人もいる世界です。

他の人の景気のよい話に惑わされて失敗しては後悔することに。

自分の投資方法は自分の頭で納得してから行う事が大事です。

納得して行った結果なら仮に失敗でも、そのことが経験となり次につながるはずです。






〔外貨預金と為替〕

外貨預金は、国外の通貨での預金ですので、為替変動の影響を受けます。

このため為替によっては損失が出ることも。

つまり引出し時に預入時より円高になっていると為替差損が発生します。

逆に円安に動いた場合には為替差益が発生します。

「為替変動リスク」を回避するために有効な「為替予約」という仕組みもあります。

これは満期予定日に合わせて外貨を円に切り替える際のレートを予約する仕組みです。



たまにはこんなページも:中古車買取りが競争の時代。また途上国など海外で日本の中古車が人気の時代。MPVの廃車はまだ早いかも。簡単査定で価値のチェック.

PR
〔株の流動性〕

株の「流動性」とは、売りやすさ・買いやすさです。

つまりある銘柄の株が欲しくても、その株を持っている人が売ってくれなければ、購入できません。

逆に売りたいときも、買いたいという人がいなければ売れません。

株の発行数が少ない場合や、発効数は多くても浮動株が少ない場合には、流動性が低い場合があります。

売りたいときに売れないリスクがあることから、流動性の低い株には注意が必要です。

とはいえ、流動性が低くても配当がしっかりしていれば、長期投資と割り切って購入することもできます。

流動性をどう捉えるかで行動は変わります。







〔口座資金使い方〕

 証券会社の口座には100万円程度は入金したほうがいいと思います。

そうすれば購入する株の選択肢も広がりますし、タイミングも選べるはずです。


 入金した金額は満額まで株を購入しつくすのではなく、いくらか残しておくと、タイミングのいい株を見つけたときに機動的に取り引きできますね。

その都度不足分を追加入金するのはあまりいい方法ではないでしょう。





〔大証昼休みも〕

大阪証券取引所は2011年2月、日経平均先物などデリバティブ取引で新システムを稼動させました。

それに伴い、大証は午前11時から午後0時半までの昼休みも廃止しました。

昼休みも返上で取引が可能です。

世界との競争のなか証券取引所も変化しています。

ちなみに、新システムはナスダックOMXグループ製のようです。

名前は「J-GATE」。





〔外貨取引〕

外貨取引では、外国のお金を円と交換したときに生じる交換レートの差から利益を出す事ができます。

つまり、例えばドルが今後高くなるか?

安くなるか?

を正しく予測することができれば外貨取引によって利益をあげる事ができます。

予測がそのままお金にできるって面白いと思いませんか?

とはいえ逆に予想が外れると損することになりますので、実際に始めるならきちんとリスクについても学ぶ必要があります。




〔意外に手軽な外貨預金〕

外貨預金は意外に手軽に始められます。

銀行の窓口に行くと早く処理してもらえるはずです。

口座を開くときに必要なのは印鑑と、身分証明書、そしてお金。

ちなみに本人以外は外貨預金の取引ができない仕組みのようです。

その理由は、元本割れリスクがあるからのようです。

なお一度契約をしてしまうと、インターネットでも電話でもできるようになります。



このごろ関心のあることのページです:悩みの借金、本当はすぐ解決できるかも。多重債務が社会問題となって国や行政が動きました。貸金業法改正などの規制強化のおかげで、合法的にだれにも迷惑かけずに、周りに知られること無く借金を解決しているひとがたくさんいます。一人で悩むのは損です。誰にも知られず三鷹市の無料借金相談で気になる疑問を解消しましょう.
〔集団パニックの中の投資〕

集団パニックは非常に危険な状況です。

何かのきっかけで、ときに起ります。

一旦パニックになると、もうどうすることもできないです。

できることも限られてます。

パニックによる暴落の場合、パニックが収まるまで待つか。

底値や成行で売り注文を出し、損失を最小限に食い止める手立てを講じるか。

売り注文を出しても、買う人がいなければ取引が成立しないので、結果的にパニックが収まるまで何もできないこともあります。

でも、せめて気持ちだけはパニックに引き込まれないように注意しましょう。

気持ちがしっかりしてれば、状況から学ぶことも、そして挽回することだってできるはずです。







〔売るタイミング〕

 株を売るときのタイミングって難しいです。

もしかしたら株投資の中でも1番難しいかもしれません。

じりじり値上がりしたり、値下がりしたりしてると、どのタイミングで利益確定(損切り)か迷います。


 迷い続けるのは精神衛生上もよくないので、どうなったら売るというのをあらかじめルール化しておいて、売るという実行は機械的に行ったほうがいいでしょうね。





〔ヘッジファンド〕

ヘッジファンドは相場のどんな上げ下げにも対応しようとしたファンド。

買いと空売りを組合せており、どんな市場環境でもプラスを目指してます。

世の中が複雑になっていく中だけに、なんとなくナットクしてしまいそうです。

でも複雑な金融技術が駆使されて、分かりにくいという側面も。

例えば特定の銘柄と違い、出来事がプラスに働くのかマイナスに働くのか即時に把握しにくいですね。







〔資産運用で失敗しないために〕

資産運用で失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか?

投資に絶対はありません。

リスクがあるからこそ、リターンがあります。

それが投資の存在意義でもありますね。

ですので、リスクある投資に資産をゆだねるのであれば、身につけなければならない基本的な知識があります。

学ぶことに躊躇している場合ではないです。

学ぶことは他人任せにできませんね。






〔東北大震災で円高〕

東北大震災直後、福島原発などの不安などもあり、日経平均株価は大きく下げました。

一方で、円は記録的な円高が発生。

一時76円台をつける円高。

「日本企業による円需要」を読んだ投資家たちの投機的な理由によるものと報道されました。

大震災後、株安と円高の同時発生って、ものすごく違和感のある動きでした。



たまにはこんなページも:千葉市での自動車保険選びのイマドキ。千葉市で愛車に最適な保険を見つけるコツと便利な方法。
〔パニックと投資〕

人は時としてパニックになる事があります。

しかし、投資においてパニックに陥ることは、すごく問題です。

パニックはストレスによって引き起こされる場合が多いです。

ところが、投資においては、そんなストレス下ほど冷静な判断や迅速な行動が必要になります。

想定外の状況にもパニックに陥らないように心がけたいところです。





〔銘柄選びをチャートから〕

 ファンダメンタル分析が会社の業績や社会背景などを考えていくのに反し、チャートの動きから銘柄選びを行う方法もあります。

これはテクニカル分析をメインにした方法です。


 株価の動きはランダムに見えて、見方によっては規則性も見出せるということに基づき、過去の分析に基づいた動きと類似の動きをしたときを判断の基準とするもので、ある程度方法を理解すれば幅広い銘柄に応用できる特徴があります。

限られた時間でたくさんの銘柄に挑戦したい人に向いてるでしょうね。






〔CCCとMBO〕

TSUTAYAを運営するCCCの増田社長が2011年2月早々MBOを発表しました。

約700億円で全株取得を目指すとのこと。

上場廃止で経営の自由度を高める狙いとか。

事業の再構築にはそういう方法もあるんですね。

発表時のTOB価格は600円。

なお直近の終値は461円。

この数字から見ると、CCC株を持っていたらおトクな感じですね。

ちなみに会社側は、特に株主に応募を促さない「中立」を発表しました。





〔身近で多様な投資信託〕

1万円から始められる資産運用の一つに、投資信託があります。

比較的リスクが低いといわれており、銀行でも販売されていることから身近ですごく人気があります。

ひとくちに投資信託と言ってもタイプや商品はものすごくたくさんあります。

高いリターンは期待できないものの毎月分配金が入るタイプなど魅力的名ものも多く人気です。





〔外貨預金を始め時〕

気になる外貨預金の始め時の判断はけっこう難しいです。

円高の時に始めるのがキホンですが、今以上の円高が来るか来ないかはプロでも判断が難しいところ。

結局自分が始めたいと思った時に始めるのが一番です。

そして、そのかわり引き出すときに、できるだけ始めたときより円安の時を狙うということです。

そのため、引き出すタイミングを選べないようなお金は預けないほうが無難です。



このごろ関心のあることのページです:ボルボを売るかどうかは、今の価値しだい。ボルボ査定!高い買取店選び※新定番で楽々比較を参考に。中古車買取りは競争の時代です。
〔怖い集団心理〕

 集団心理の怖いところは、「赤信号みんなで渡れば怖くない」の一言で表す事ができると思います。

とんでもないことでも、みんなと一緒ということで感覚が麻痺して、判断を誤る事があります。


 大勢の動きに身をゆだねることは、株投資の場合、危険な場合があります。

とはいえ、体勢に沿うことが、いい局面もあるので、その見定めが肝心です。

大勢の中で感覚を麻痺させないように注意したいです。






〔廃止になった株主優待の価値〕

 会社更生手続によりJALの株主優待券が2010年5月末で期限切れとなり廃止となりました。

普通なら価値のなくなるはずの株主優待券が、6月以降もネットオークションでは売買が続いているそうです。

1枚2000円くらいになったこともあるとか。


 その理由は、マニア。

だそうです。

株主優待券の本来の利用目的はもう効果がないですが、廃止された株主優待券の希少性に目をつけたということでしょう。

ネットオークションが生んだ面白い現象かもしれませんね。






〔2桁連続増益でも急反落〕

期待の大きい銘柄も難しいです。

業績発表で2桁連続増益でも、期待より低かったとして急反落することも。

利益の確定売りによる下落のようです。

例えば2011年1月28日のキヤノンがそうでした。

12月期決算を前日の大引け後に発表。

今期も2桁連続増益を見込んだ内容だったのに、28日は下げ。

なかなか期待の大きな企業は、大きな期待だけに苦労しますね。







〔外貨MMF〕

MMFにはいろいろあります。

そこでしっかり選びたいのが運用会社です。

元本割れのリスクは運用会社選びによって違ってきます。

ところで外貨MMFとよばれるMMFがあります。

これは外貨で運用される外貨建てMMFのことです。

外貨預金に比べると高金利になることが多く、それがメリットの一つとしてあげられます。






〔外貨預金の商品〕

外貨預金には「外貨定期預金」と「外貨普通預金」があります。

海外には日本より預金の金利の高いところがたくさんあります。

ですので、金利の高い国で定期預金や普通預金を利用するという発想です。

もし仮に為替リスクがないとすれば、金利の高いほど魅力的な外貨預金があるということですね。

いろいろある外貨預金の中からナットクのものを選ぶことが重要です。



さいきん参考になったページです・・・中古車流通が昔と違い多様化しており、中古車買取も競争の時代です。中古ODYSSEY/オデッセイの査定は簡単に比較できる仕組みがあります。HONDA車でも系列店の下取りが一番とは限らないです。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]