忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔サポートで証券会社を比べる〕  証券会社選びで見落とされがちなのがサポートだと思います。初心者ほど、サポートは大事ですね。トラブルが発生したときに、すぐに連絡が取れるのか?対応してもらえるのか?適切で分かりやすいか?すごく重要です。
 とはいえサポートは分かりにくいところです。口コミや証券会社の信用度が見極めの材料になるでしょう。なぜ信用?それは信用が高いところほど変なことはできないですからね。


〔買いヘッジや売りヘッジ〕 リスクヘッジに「売りヘッジ」と「買いヘッジ」があります。リスクヘッジとはリスクをヘッジ(回避)することです。例えば、ある商品の価格が下がると予想される場合に現時点の価格で先物の売り建てを行うことで、安く売らなければならないリスクをヘッジ(回避)する事ができます。「売りヘッジ」です。逆に価格が上がると予想される場合には買い建てを行うことで「買いヘッジ」できます。いずれも予想に反して価格が動いた場合には損を出す場合もあります。
〔中長期の投資〕  中長期の投資というのは非常に難しい面はありますが、精神衛生的には短期の投資に比べてこちらのほうが楽かもしれません。
 短期の場合1日の相場の動きにぴりぴりしてないといけないですが、中長期なら小さな動きに捉われず大きな流れの中で取引を決めていきますからね。中長期と一口にいっても1年程度で考える場合もあれば、10年程度で考える場合もあります。いずれにしても先を見通す力が試されますね。



〔ネット証券〕 ネット証券とは、インターネット上で取引のできる証券会社のことを言います。ネット証券の登場で株の取引を始める人がかなり増え、投資家の裾野はかなり広がりました。ネットで売買することから取引時間の自由度が拡大したことや、自宅のパソコンで利用できる気楽さなどが理由でしょうね。ネット証券の影響力はすごいです。
〔株取引と心理戦〕  株取引は相手は見えなくても心理戦的な側面があります。結局売る人と買う人の取引ですからね。購入した銘柄の株価があがるかどうかは、他の投資家の動向によって変ってきますので、そういうほかの投資家の動きをよむこともポイントになってきます。
 それには心理学的な考察もかなり生かせるはずです。ですので、投資家がどういう心理でその銘柄の取引を行うのかということにも思いをはせることを習慣にしたいですね。

自動車保険も比べるといろいろ分かります。規制緩和や外資の保険会社の参入などで格安保険も話題になっています。自動車保険見積比較そして愛車の保険選び。愛車の保険でびっくりするほど節約できたと喜ばれてる方法があります。比べてみることで初めて気づくことも結構あります。まずは情報収集から。


PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]