忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔中長期の投資〕  中長期の投資というのは非常に難しい面はありますが、精神衛生的には短期の投資に比べてこちらのほうが楽かもしれません。
 短期の場合1日の相場の動きにぴりぴりしてないといけないですが、中長期なら小さな動きに捉われず大きな流れの中で取引を決めていきますからね。中長期と一口にいっても1年程度で考える場合もあれば、10年程度で考える場合もあります。いずれにしても先を見通す力が試されますね。

〔世界同時不況のときの投資〕 例えばアメリカの大手証券会社であるリーマン・ブラザーズが経営破たんした2008年9月、世界経済に混乱が起こり、全世界が100年に1度の不況と呼ばれる状況に陥りました。このような状況では多くの投資家が損害を出しました。その一方で、この状況をチャンスと捉える投資家もいます。株価が低迷してるからこそ買い時ということですね。とはいえ、本当にそのときが底なのか?まだまだ下降が続くのか?その判断には勇気も必要ですね。投資家としての力が試されるときですね。

〔株価と心理学〕  株価って心理学的にもすごく興味深い数値かもしれません。人間の心理がいかにバランスを保とうとするかというのが数値に表れてきます。
 例えば極端な例では、それまでずっと安定していた株価が一度大きな動きを見せると、その方向に一気になだれ込むという現象が度々起こります。まさに心理のなせる業かも知れないですね。



〔中国株は?〕 中国株もネット証券は便利です。外国株でもネット証券は手数料が安いですしね。多くの日本人が中国株を購入しています。中国の株市場といえば、上海市場・深セン市場・香港市場の3つです。初心者であれば、その中でも香港市場がいいでしょう。成熟した市場で、企業の情報もたくさん手に入るようです。中国株試してみますか?

〔暴落時の個人心理〕  所有する株が、暴落を始めたら、とにかく早く手放したいのが通常の心理。株価がゆっくり下げてる場合とは、全く状況は変わります。少しでも損失を少なくしたいですからね。
 一方で暴落してる株を所有していない場合、リバウンドを期待してつい手を出したくなることも。でも暴落する株のリバウンドは、発生の有無やタイミングの見極めも難しいので、興味に止めておくくらいのほうがいいでしょう。

このごろ関心のあることのページです・・・環境問題がホットでいろいろな再生品があるけど、バッテリーも再生品が話題です。バッテリー交換[ヴェルファイア]エコで節約を目指せる方法.

PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]