忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔個人年金で資産運用〕個人年金も実は資産運用の一つの手段です。個人年金には大きく保険型と貯蓄型に分かれます。保険型の場合、受取は本人が生きている事が条件になりますし、貯蓄型なら本人の状況に関わり無く支払われます。貯蓄型は銀行や証券会社などの金融機関での取り扱いとなります。保険型は保険会社や金融機関でも取り扱っています。

〔相対取引のCFD取引〕CFD取引は、市場を通さない相対(あいたい)取引です。CFD取引では、投資家はCFD会社(CFDを取り扱う会社)と直接取引を行い、CFD会社によって値のつけ方は異なります。そのため、CFD価格はCFD会社によって異なるのです。ですので、CFDではCFD会社選びがすごく重要です。


〔多様な取引が選べるCFD取引〕CFDの大きな特徴の一つとして、一つの口座で多様な金融商品に連動したCFDに投資できるということです。自分の好みで選べます。例えば、ひまわり証券の場合、大きく分けて「株式CFD」「限月CFD」「指数CFD」の3つのカテゴリがあります。株式CFDなら日本・海外の証券取引所の上場株式や海外ETFなどに連動した5,000銘柄以上のCFDがあります。限月CFDなら、株価指数先物銘柄や債券先物銘柄に連動するCFD。指数CFDなら、ニューヨークダウ平均株価指数など海外主要指数銘柄に連動するCFD。などといった感じです。

〔投資と自己責任〕投資は自己責任で行うことになります。つまり損失が出ても誰のせいにもできないということです。そのかわり自由に金融商品を選ぶ事ができます。うまく運用すれば短期間で大きな利益を得る事もできる一方で、逆に短期間で大きな損失を出す危険もあります。投資メニューそれぞれのメリットとデメリットを理解したうえで行う事が大事です。ローリスク・ローリターンがいいか?ハイリスク・ハイリターンがいいか?しっかり考えてから動きましょう。

インターネットで取引~インターネットで株取引やCFD取引することが当たり前になりましたが、少し前には予想もつかなかった便利な状況です。インターネットにより人件費が圧縮され手数料が安くなったこともメリットの一つです。おかげで、投資がかなり身近なものとなりました。ただ、注意も必要です。操作ミスなどがそのまま意図しない取引の成立につながることもありますので。便利な環境は上手に使いこなしたいですね。

ピックアップページ紹介コーナー・・・廃車と自動車保険とのことのさんこうに.コルトラリーアートVer.-R下取りvs買取り.ティーダラティオ下取り.
PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]