忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔CFD取引とレバレッジ〕CFD取引では、レバレッジ効果を用いて少額で大きな額の取引や、大きな利益を挙げることが可能です。証拠金を用いることでCFD取引は少額であっても大きな額の取引ができます。少額で大きな取引ができるCFDですが、レバレッジが大きければそれだけリスクも大きいことを忘れてはいけません。

〔CFD取引とオーバーナイト金利〕CFD取引は、当日決済を行わず、翌日以降に持ち越した場合、オーバーナイト金利(又は単に「金利」ともいう)がかかります。オーバーナイト金利は買いボジションの場合に支払って、売りボジションでは貰えるかたちになりますが、売りポジションでも必ずもらえるわけではなく、支払う場合もあります。金利はCFD会社の資金調達に起因する金利で、買いボジションの場合、多くは「Libid(ロンドン銀行間ビッドレート)+CFD会社の独自設定の金利」です。売りボジションの場合はCFD会社の独自設定の金利です。


〔CFD取引と先物取引〕指数先物や商品先物、債権先物などに連動するCFDもあります。このCFD取引をするなら、先物取引についてもよく知っておく必要があります。先物取引とは、ある商品を現時点で決めた価格で、将来の特定の日に取引することを約束するものです。先物取引では証拠金制度が取られており、そもそもCFD取引と同じようにレバレッジ効果があります。先物といえば、例えば日経225先物が株価先物として有名です。商品先物の主なものとしては、金・プラチナ・原油・とうもろこし・大豆・小麦などがあります。

〔CFD取引と金融商品販売法〕CFD取引にあたり、金融商品販売法にちなんだ規制について3点を一言だけ。頭の片隅にでも置いておくといいでしょう。「重要事項に関する説明義務」が販売会社にあります。そして重要事項の説明がなかったことが原因で損害を被った場合、「損害賠償の請求」を販売会社にできます。販売会社は「勧誘方針の公表」が義務づけられてます。

CFDとマージンコール~CFD取引の中でマージンコールという仕組みがあります。これは、損失額が証拠金の一定割合に達したとき、又は証拠金が不足しているときに発せられる警告(注意)です。マージンコールの後、改善が行われず事態が進行した場合は強制的にロスカットされることになります。相場の動きによってはマージンコールからロスカットまであまり時間差がない場合もあります。マージンコールが発せられる設定はCFD会社によって異なりますので比較しておくことも大事です。またマージンコールが発せられない範囲で逆指値などの注文を出しておくこともリスク管理上は大切なことかもしれません。

ピックアップページ紹介コーナー・・・温泉旅行と温泉のことのさんこうに.ディアスワゴン下取りvs買取り.キャロル下取り.
PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]