忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔資産運用のリスク〕資産運用選びでリスクは忘れてはいけないものです。ついリターンのほうを優先してしまうと、あとで大きな失敗をすることも。ですので、資産運用についてしっかり理解する時間がとれない人は、リスクの少ないものを選ぶのが賢いです。高いリターンは期待できませんが、資産を減らす心配や損したときの対処に慌てることも無いでしょうからね。資産運用のリターンには魅力あるものも多いですが、地に足をつけた考え方でしっかり選ぶことが大事です。

〔CFDとは〕CFDという言葉を耳にしませんか?爆発的に広がったFX(外国為替証拠金取引)の次の座を期待される金融商品の一つです。CDF取引は、日本語では「差金決済」と呼ばれ、1つの口座で金融商品に連動した複数の取引が行えます。日本市場だけでなく、海外市場の商品の売買ができるため、24時間様々な取引ができます。


〔CFD取引とオーバーナイト金利〕CFD取引は、当日決済を行わず、翌日以降に持ち越した場合、オーバーナイト金利(又は単に「金利」ともいう)がかかります。オーバーナイト金利は買いボジションの場合に支払って、売りボジションでは貰えるかたちになりますが、売りポジションでも必ずもらえるわけではなく、支払う場合もあります。金利はCFD会社の資金調達に起因する金利で、買いボジションの場合、多くは「Libid(ロンドン銀行間ビッドレート)+CFD会社の独自設定の金利」です。売りボジションの場合はCFD会社の独自設定の金利です。

〔ETFとCFD取引〕ETF(上場投資信託)のCFD取引もあります。ETFは比較的新しい金融商品です。Exchange Traded Fundの略で、日経平均株価やTOPIXなどの株価指数や商品価格などと連動する投資信託です。市場に上場しているため、直接、指値注文や成り行き注文、信用取引ができますが、CFDならばさらに数多くの海外の人気銘柄ETFにも投資ができます。ETFについては選択肢の広さがCFD取引のメリットですね。

投資者の保護~銀行預金の場合、万が一銀行が破綻した場合、預金保険制度によって預金が保護される仕組みがあります。いわゆる「ペイオフ」です。しかし、株やCFDなどの投資にはこの仕組みはありません。万一取引会社が破綻した場合、CFD会社が投資者の証拠金を分別保管していなければ丸損してしまいます。ですので、CFD会社を選ぶときに大事なことの一つとして、CFD会社が顧客資産をきちんと分別保管があります。取引を始める前にチェックしておきたいことです。

ピックアップページ紹介コーナー・・・生活応援情報のことのさんこうに.・・・中古車探し新常識のことのさんこうに.
PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]