忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔資産運用は早くから〕資産運用でリスクを減らし、できるだけ大きな効果を出そうとしたときに、簡単ないい方法があります。それは長い期間を使うということです。一般的にリターンが大きいとリスクも大きい事が多く、短期間で大きく増やそうとするほどその分リスクは大きくなります。ですが時間をかける事ができれば、ムリなリスクを負うことなく資産を増やせます。少しでも早くから始める事が資産のリスクと運用の効果を上げるには一番の方法かもしれないですね。

〔個人年金で資産運用〕個人年金も実は資産運用の一つの手段です。個人年金には大きく保険型と貯蓄型に分かれます。保険型の場合、受取は本人が生きている事が条件になりますし、貯蓄型なら本人の状況に関わり無く支払われます。貯蓄型は銀行や証券会社などの金融機関での取り扱いとなります。保険型は保険会社や金融機関でも取り扱っています。


〔差金決済とCFD取引〕差金決済とは、株式などの現物を持たずに売買の差額で決済する取引のことです。CFD取引は差金決済です一般の取引所を通す株式売買では、この差金決済は禁止されており、同一銘柄で、1日に売り→買い、もしくは買い→売り、の一往復の売買しかできません。ところが、CFDであれば同じ銘柄であっても同じ日に何度も売買を繰り返すことが可能です。

〔CFDと株〕CFDでは様々な金融商品に連動する取引ができます。それは同時に取引する金融商品についての知識が必要になるということです。株に連動したCFDを取引するなら、その前に株の取引について十分理解している事が大事です。CFDはレバレッジにより、メリットもリスクも現物の株取引より大きいからです。

買いヘッジや売りヘッジ~買いヘッジも売りヘッジもリスクヘッジのことです。ヘッジとは「回避」ですので、リスクを回避することです。例えばある商品の値上がりが予想される場合に現時点の価格で先物の買い建てすることは「買いヘッジ」と呼ばれ、将来高い価格で購入しなければならないリスクをヘッジ(回避)しています。逆に値下がりが予想される場合には売り建てを行うで「売りヘッジ」ができます。とはいえ、予想に反して価格が動いた場合には損をすることもあります。

ピックアップページ紹介。イラストの描き方はパソコンがすすんだおかげでかなり変わったと思う。イラスト描き方いろいろの情報は面白いかも。参考になるといいな。
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]