忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔株価下落に恐怖〕

株取引を行っていないときは、株価が下がっても他人事ですね。

ところが、株取引を始めると、持ってる銘柄の下落には恐怖さえ感じることもあります。

また、下落していなくても不安を感じる場面も。

ところで、一番人間の恐怖や不安がでる場面というのは、下落のし始めだそうです。

株価の下げは、ビックリするほど早いこともありますので、見極めが少し遅れると大きな損失になることも。

株価の動きが大きい銘柄はなかな気が休まらないですね。






〔株式と心理学〕

 心理学的に株取引を紐解こうとする研究がけっこうされてます。

書店には株と心理学の本をたくさん見つける事ができます。


 この株取引での心理学は、どちらかというとテクニカル分析に近い立場でしょう。

チャートに表れる傾向には、心理学的な裏づけがあるかも。

ですので株の心理学を学べば、もっとテクニカル分析の精度を上げられるかもしれませんね。






〔アルゴリズム取引〕

売買を全てコンピューターが発注するアルゴリズム取引。

このすごいところは、1秒間に数千回もの注文を出すこともあるとか。

プログラムの示す価格が約定にならない場合、スグ注文を取り消すということも行われるようです。

人間が太刀打ちできない世界での売買ですね。

もともとは外国証券が手掛けた手法だそうです。

でもこれって、諸刃の剣な側面ももってそうです。

うまく行くかどうかはプログラムしだいと言うことですね。






〔個人向け国債と金利〕

個人向け国債には異なる性質の金利のものが2種類あります。

それは、購入時に決まっている金利が満期まで固定の「固定金利」の国債と、経済状況に応じて金利が変動する「変動金利」の国債です。

購入するときは変動金利のほうが金利がやや高めに設定されてることが多いようです。

どちらがよいかは、先の経済状況によっても変わりますので、好みや予想で選ぶしかないですね。




〔外貨預金の利益の出所〕

外貨預金で利益をあげるには、一つは「金利」。

そしてもう一つは「為替差益」です。

ちなみに為替差益は、失敗すると為替差損になりかねないリスクもあります。

高金利の預金を選んでも為替差損で目減りするのは悲しいですね。

理想的には、高金利な預金を、円高時に預け入れ、円安時に引き出すということです。



最近見つけたいいページです:マークXの中古車探しもインターネットが便利な時代。ポイントは、信頼と保証の販売店選び。ナットクの価格と保証で見つけましょう。中古車のマークX選びの外せないポイント。

PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]