忍者ブログ
投資と収集の勝手なおしゃべり投資と収集の勝手なおしゃべり
貴金属、コイン、ジュエリーなどなど投資と収集について調べたことで勝手なおしゃべり。投資といえば、国債、投資信託、株、FX、社債、外貨預金、金、プラチナ、などなどいろいろ選択肢がありますが、広く自由におしゃべりしていきます。体験したこと、気づき、アイデア、失敗談、オトク情報などなどお役に立てる情報もご紹介していきます。とはいえ、ゆるゆる運営してますので、気楽にご覧いただけると嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ。
[197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

〔金融商品取引法〕仕組みの難しい金融商品に関して、消費者保護のための法律に金融商品取引法があります。一般の消費者が、難しい仕組みや大きなリスクに気がつかないまま、簡単に儲かると勘違いして契約して大きな損害を被ることがないようにするための法律です。規制の対象一つにデリバティブ取引がありますが、CFD取引もデリバティブ取引です。規制の内容といては、手数料や元本がなくなるリスクやその理由などのわかりやすい表示義務や、リスクのある商品をぜったに儲けるといって売ったりすることもダメですし、契約時の書面交付なども定められてます。

〔CFD取引と先物取引〕指数先物や商品先物、債権先物などに連動するCFDもあります。このCFD取引をするなら、先物取引についてもよく知っておく必要があります。先物取引とは、ある商品を現時点で決めた価格で、将来の特定の日に取引することを約束するものです。先物取引では証拠金制度が取られており、そもそもCFD取引と同じようにレバレッジ効果があります。先物といえば、例えば日経225先物が株価先物として有名です。商品先物の主なものとしては、金・プラチナ・原油・とうもろこし・大豆・小麦などがあります。


〔買いヘッジや売りヘッジ〕買いヘッジも売りヘッジもリスクヘッジのことです。ヘッジとは「回避」ですので、リスクを回避することです。例えばある商品の値上がりが予想される場合に現時点の価格で先物の買い建てすることは「買いヘッジ」と呼ばれ、将来高い価格で購入しなければならないリスクをヘッジ(回避)しています。逆に値下がりが予想される場合には売り建てを行うで「売りヘッジ」ができます。とはいえ、予想に反して価格が動いた場合には損をすることもあります。

〔CFD取引の銘柄数〕CFD会社によってCFDで取り扱っている銘柄やその数は違います。株式CFDが多いところ、指数CFDが豊富なところ、そのほか商品先物、現物、ETF、債券、・・・いろいろな銘柄のCFDがあり、CFD会社によってかなり差もありますので、どの銘柄を取り扱っているかというのもしっかり調べてからCFDの会社は選びましょう。

株への期待感~株への期待感は株の売買を判断するときにすごく重要なことです。市場での株価は人気投票の要素が強いため、その株への期待感が高まってくると株価が上がる傾向があります。
逆に期待感がなくなったり失望するような事があると株価は下がってしまう傾向があります。期待感はすごく感覚的なものですので、自分の感覚も総動員して意思決定に活かしたいですね。

マイカーのイメチェンならいろんなパーツがあるけれど、ヘッドライトやフォグランプなどにこだわるのも面白いです。HIDバルブとHIDキット選びでドレスアップと快適夜間のドライブのはなしが面白いです。自分で交換することも案外簡単にできるみたいです。
自動車保険はサービスと価格の競争の時代。比べればもっとあなたのプレサージュの保険は節約できるはず。保険料比べとプレサージュの任意保険。保険選びの参考になるはなしがたくさん見つかるはず。まずは格安保険の実力を調べてみるのが先かな。モチベーションが結構上がるはずです。


PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 投資と収集の勝手なおしゃべり All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]